1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

10日(水) 北海道や東北は大雨の恐れ 本州や九州の日本海側は大気の状態が不安定

tenki.jp / 2021年11月10日 5時37分

メイン画像

10日(水)、北海道や東北は大雨になる恐れがあります。本州や九州の日本海側は大気の状態が不安定になり、発達した雨雲や雷雲がかかるでしょう。

北海道や東北は大雨の恐れ 東北~九州の日本海側は大気の状態が不安定

画像A

10日(水)、北海道付近を前線が通過中です。日本付近の上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。特に、現在、日本海や東シナ海は、海面水温が平年より高くなっています。上空に寒気が流れ込むことで、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
北海道は、午前中は雷を伴った激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。東北も日本海側を中心に雨や雷雨で、大雨の恐れがあります。11日(木)午前6時までに予想される24時間雨量は、多い所で、北海道地方100ミリ、東北地方80ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒、注意してください。
北陸から九州には、日本海や東シナ海から次々に雨雲や雷雲が流れ込むでしょう。
雷雲の周辺では、竜巻などの突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、建物の中など、安全な場所に移動してください。
※発雷確率とは、雷がどれだけ発生しやすいかを示したものです。オレンジから赤と、色ごとに確率が高くなります。

関東・東海・近畿~九州の太平洋側・沖縄は日差し届く

関東や東海、近畿から九州の太平洋側は、晴れ間が出る所が多い見込みです。ただ、一部でにわか雨や雷雨があるでしょう。沖縄は大体晴れる見込みです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください