引き続き 局地的な大雨に警戒を

tenki.jp / 2014年8月17日 10時0分

本州付近に前線が停滞。西日本や東海、北陸、東北は雨で、非常に激しく降る所も。特に、近畿や東海、北陸では、これまでの雨で地盤の緩んでいる所、増水している川があり、土砂災害や川の氾濫など、一層の警戒が必要。

◆本州上に前線停滞◆

◆本州上に前線停滞◆


◆山陰から北陸に活発な雨雲◆

西日本や東海、北陸、東北には、今日も前線の雨雲が広がっています。
今朝までに、京都府の福知山で1時間62ミリ、岐阜県の高山で57ミリの非常に激しい雨が降り、金沢で1時間44ミリ、島根県の横田で1時間43.5ミリなど、北陸や山陰でも激しい雨の降った所があります。
午前9時現在も、山陰や近畿北部・中部、岐阜県、北陸に活発な雨雲がかかっていて、このあとも、これらの地域を中心に激しい雨や非常に激しい雨が降るでしょう。
明日の午前6時までの24時間に、いずれも多い所で、
・北陸:120ミリ
・近畿中部と岐阜県:100ミリ
・岐阜県:100ミリ
・近畿北部と中国地方:80ミリ の雨が降ることが予想されています。
特に、北陸や岐阜県、近畿北部と中部では、これまでの雨で地盤の緩んでいる所や、増水している川があり、土砂災害、川の氾濫に一層の警戒が必要です。午前9時現在、避難勧告の発表されている所もあり、今後、対象となる地域がさらに増える可能性もあります。自治体からの情報に十分ご注意下さい。
また、電車など交通機関への影響もさらに大きくなる恐れがあります。最新の気象情報にくわえ、交通情報もこまめに確認しましょう。

山陰から北陸で激しい雨

山陰から北陸で激しい雨

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング