1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

帰宅時間帯 関東は横殴りの雨の所も 北日本は警報級の大雨・暴風の恐れ

tenki.jp / 2021年11月22日 10時53分

メイン画像

きょう22日(月)の帰宅時間帯は、関東など東日本~北日本で激しい雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。

午前は西日本 午後は東・北日本で荒天

画像A

きょう22日(月)は、低気圧が急速に発達しながら日本海北部を北東へ進み、この低気圧から伸びる活発な寒冷前線が本州付近を東へ進む見込みです。昼頃は中国・四国で、昼過ぎは近畿で、帰宅時間帯は東海や関東~北海道で雨や風が強まるでしょう。寒冷前線が通過する際は、大気の状態が非常に不安定になるため、1時間に30ミリ以上の激しい雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。
西日本では、朝の通勤・通学の時間帯に激しい雨の降った所がありました。1時間雨量は、和歌山県日高川町(川辺)で午前7時26分までに32.5ミリ、また、寒冷前線の雨とは別に、湿った空気や局地的な前線の影響で千葉県勝浦市では午前5時34分までに31.0ミリとバケツをひっくり返したような激しい雨が降りました。
関東は午前中は雨が降っていない所も、午後は広く雨となり沿岸部を中心に雨や風が強まります。千葉や神奈川などでは南風が強まり、横殴りの雨となる所もあるため注意が必要です。
【各地の雨・風のピーク時間帯】
・中国・四国:22日昼頃にかけて
・近畿   :22日昼過ぎにかけて
・東海・関東:22日夕方~夜のはじめ頃にかけて
・東北・北海道:22日夜~23日未明にかけて

今月上旬 各地で突風被害も

今月は9日も、寒冷前線が本州付近を通過(この時は、南岸にも前線を伴った低気圧が発生)。千葉県富津市富津から新富にかけて突風が発生し、住家の屋根瓦のめくれなどの被害が出ました。気象庁は現地調査を行い、竜巻の可能性が高いと判断しました(速報)。前線が通過する前後は落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに十分な注意が必要です。

北日本 暴風や高波に警戒

低気圧が急速に発達する影響で、低気圧に近い北日本を中心に暴風や高波に警戒が必要です。
23日にかけて予想される最大瞬間風速は、北海道地方で35メートル、東北地方で30メートルと、台風並みの暴風になる恐れがあります。
また、波も高く、北海道で5メートル、東北と北陸で4メートルとしける見込みです。
北海道や東北では、あす23日(火)にかけて、警報級の大雨や暴風となる恐れがあるため、最新の情報をこまめに確認するようにしましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください