夏と秋のせめぎあい 西と北で激しい雨

tenki.jp / 2014年8月18日 22時44分

夏の空気と秋の空気がせめぎあい、境目の前線が日本海に。19日は夏の空気がやや優勢で、大気の不安定な状態が続きます。特に、前線に近い九州北部と低気圧が近づく北海道は、局地的な激しい雨が降る見込み。傘マークのない所も天気の急変に注意が必要です。

予想天気図(19日午前9時)

予想天気図(19日午前9時)

このところ夏の太平洋高気圧が安定せず、秋の空気におされぎみ。その境目の前線が日本海に停滞する予想です。19日は太平洋高気圧の方がやや優勢で、本州付近は夏の空気の範囲に。高気圧は時計周りの風が吹くため、南から暖かく湿った空気が流れ込みます。蒸し暑さと変わりやすい天気が続く見込みです。


前線に近い九州北部 激しい雨に

午後10時30分現在、前線に伴う雨雲が対馬海峡付近に点在しています。このあと、雨雲が徐々に南へ下がる予想で、福岡県や長崎県、佐賀県など九州北部では、局地的な激しい雨の恐れがあります。
土砂災害や川の増水、低い土地の浸水などに警戒してください。
特に、朝方にかけて激しい雨が降る恐れがあります。がけや川の近くにお住まいの方は、できるだけ2階やがけから離れた部屋でお休みください。

九州付近の雨雲 午後10時30分現在(最新のデータは画像をクリック)

九州付近の雨雲 午後10時30分現在(最新のデータは画像をクリック)


北海道も広く雨 傘マークない所も急な雨に注意

低気圧が近づく北海道も、日本海側から雨の範囲が広る見込みです。
午後は各地で雨が降り、雷を伴って土砂降りになる所もあるでしょう。
傘マークのない近畿から東北にかけても、大気の不安定な状態が続きます。
急な強い雨や雷雨の所がありますので、空模様の変化に気をつけましょう。
北海道は前線の北側で雨も降るため涼しくなりますが、東北から沖縄にかけては残暑が続きます。
こまめな水分補給もお忘れなく。

19日の天気・予想気温

19日の天気・予想気温

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング