1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

山梨県東部で震度5弱 12月に入り 震度3以上の地震を毎日観測 日頃から備えを

tenki.jp / 2021年12月3日 7時28分

メイン画像

3日午前6時37分頃、山梨県東部・富士五湖を震源とするマグニチュード4.9の地震が発生し、山梨県で最大震度5弱を観測しました。この地震による津波の心配はありません。12月に入り、毎日、震度3以上の地震が発生しています。日頃から地震への備えをしておきましょう。

12月 毎日震度3以上の地震

画像A

3日午前6時37分頃、山梨県東部・富士五湖を震源とするマグニチュード4.9の地震が発生し、山梨県で最大震度5弱を観測しました。この地震による津波の心配はありません。12月に入り、毎日、震度3以上の地震が発生しています。
きょう3日は、未明から地震が相次いで発生。午前2時18分頃、山梨県・富士五湖で震度4。午前2時23分頃、同じく山梨県・富士五湖で震度3。午前3時41分頃、石川県能登地方で震度2を観測。
きのう2日は、福島県や茨城県南部、1日は岩手県内陸北部や山形県置賜地方で震度3以上の地震を観測しました。
日頃から地震への備えをしておきましょう。

緊急地震速報が発表されたら

画像B

地震はいつ発生するかわかりません。緊急地震速報が発表されたら、落ち着いて、身の安全の確保をしましょう。
室内にいる場合は、扉を開けて、机の下に隠れましょう。屋外にいる場合は、周囲の危険なものから離れて、頭を守ることが大切です。ブロック塀が崩れたり、看板が落ちてくることも考えられます。エレベーターの中でも慌てず、すべてのフロアのボタンを押すなどしてください。

日頃からできる備え

画像C

国土交通省や各自治体のホームページなど、インターネットからハザードマップを入手することが可能です。ハザードマップは随時更新されますので、定期的に確認するようにしましょう。ハザードマップで、避難経路や危険箇所を確認し、土砂災害や液状化現象の危険性の高い場所を確認しておいてください。
また、非常用持ち出し袋など、防災用品の準備や確認をしておくと良いでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください