九州で猛烈な雨 雨雲は中国・四国へ

tenki.jp / 2014年8月22日 9時21分

九州北部に前線の雨雲がかかり、明け方に福岡県で猛烈な雨。福岡県筑紫野市で今年初めての土砂災害警戒情報。そのほか福岡県、佐賀県、長崎県では土砂災害の危険性が高くなっている所があります。また、20日に大規模な土砂災害の発生した広島県を含め、中国地方や四国にも雨雲がかかっています。

◆九州・中国・四国に雨雲◆

◆九州・中国・四国に雨雲◆


◆九州北部 引き続き土砂災害に厳重な警戒を

九州、中国・四国には前線に伴う活発な雨雲がかかっています。
特に九州北部で雨脚が強まり、明け方には福岡県に「記録的短時間大雨情報」。
筑紫野市付近、太宰府市付近、那珂川町付近で、
約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。
午前9時現在、
福岡県、佐賀県、長崎県で、土砂災害警戒情報の発表されている地域があります。
雨雲は少しずつ東へ進んでおり、九州の雨は午後には止んでくる見込み。
ただ、雨が止んでもしばらくは、土砂崩れなどの災害が発生する危険性があります。
引き続き、自治体などからの情報に十分に注意して、慎重な行動を心掛けてください。
また、川の水位の高い状態が続いたり、
上流で降った雨水が流れ込んで、さらに水かさが増す危険性もあります。
川にはむやみに近づかないようにしてください。
また、中国地方では昼過ぎにかけて、四国では夕方にかけて、激しい雨の降る所がありそうです。
今日になってまだ雨の降っていない所、または、いったん雨が止んだ所にも
新たに発達した雨雲がかかる可能性があります。
特に、20日に大規模な土砂災害の発生した広島市では、雨の降り方に十分な注意が必要です。


◆北海道や東北も大雨に警戒

九州に大雨を降らせた前線は、遠く離れた東北や北海道にも強い雨を降らせています。
午前9時現在、北海道の渡島・檜山地方、青森県では土砂災害警戒情報の発表されている地域もあり、
今後も断続的に雨が降る見込みです。
そのほかも、全国的に大気の状態が不安定。急な強い雨や雷雨に注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング