夏休み残りわずか お天気まとめよう!

tenki.jp / 2014年8月27日 23時12分

皆さん今年はどんな夏になりましたか? 8月もあと4日。夏の大切な思い出の日の空模様をtenki.jpで振り返ることができます。夏休みの宿題の天気も下記の手順で調べればバッチリ!! 是非チェックしてみてください。

過去天気の調べ方

過去天気の調べ方


大切な思い出の日の天気もわかる tenki.jp 過去天気

あの日の天気はどうだったかな?
夏空が広がって猛烈な暑さだったけれど、気温は何度まで上がっていたのかな?
空の情景は記憶に残っていても、実際の数字や時間ごとの天気の流れまでは、
なかなか覚えていないものです。
そんな時に役立つのがtenki.jpの過去天気のページ(下記リンク)です。
上図にもありますが、tenki.jpトップページからも順をおって進むことができます。
①トップページ上の【観測】をクリック!!
②過去天気を選択
③2014年を選択(2012年~2013年分もあります)
④8月など月を選択
⑤調べたい要素の項目を選択
(気象衛星・天気図・雨雲の動き・アメダス〔気温・降水量・風向風速・日照時間・積雪深〕・実況天気)
⑤調べたい要素を選択すると、図にも並んでいるように日ごとの画像があらわれます。
そこで皆さんの調べたい日付をクリックすると、その日の画像が大きく見られ、
時間ごとに詳しい画像もご覧いただけます。
大切な思い出の日の天気を振り返ってみたり、
夏休みの宿題にも是非活用なさってみてください!!

8月1日の過去天気イメージ(天気図と気温)

8月1日の過去天気イメージ(天気図と気温)


今年の夏休みの特徴は? 猛烈な雨と関東を中心とした猛暑

◎関東や東北の太平洋側では平年より雨が少なく、西日本では平年と比べてかなり多くなった。
下記リンク【関東や東北は暑く、少雨  西は多雨】を参考に。
◎夏休み始まりとともに西から続々と梅雨明け。
7月23日大暑の暦どおり関東から西を中心に厳しい暑さに。
8月にかけて関東地方で猛暑日が多く、熱中症の救急搬送者数が急増。
群馬県館林では8月5日の最高気温が39.5度まで上昇、全国1位の気温が一週間続いた。
下記リンク【2014年夏 今年の暑さの特徴は】を参考に。
◎7月30日から相次ぐ豪雨を気象庁は「平成26年8月豪雨」と命名。
今年の夏は太平洋高気圧の張り出しが弱く、大気の状態が非常に不安定。
西日本を中心に全国各地で大雨となった。
台風12号による四国地方の1000ミリを超える雨、
台風11号による四国地方から東海地方にかけての大雨、
前線や湿った空気による京都府福知山市や岐阜県高山市などの大雨、
広島県広島市の猛烈な雨など。
このような項目を参考に、自分なりの夏の天気をまとめてみるのも良いですね。
なお、8月28日(木)に有楽町駅前広場で行われるイベント『熱中症ゼロへpresents 暑さいつまで!?氷渡りでヒンヤリしまSHOW』(下記リンク【来週は暑さ戻る、熱中症に一層注意】)では、PRコーナーにて自由研究向け企画【ダンボールで空気鉄砲、ペットボトルで竜巻】があります。こっそり夏休み中の天気一覧を配布することもありますので、お時間のある方は是非参加してみてください!!

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング