関東 日曜の夜から月曜は本降りの雨

tenki.jp / 2014年8月30日 14時55分

関東地方は、日曜日も雲が広がりやすく、所々で雨。特に、夜から月曜日にかけて降る雨は広い範囲で本降りとなりそう。雨は火曜日の明け方まで残る所も。

関東・甲信地方の天気(30日11時発表)

関東・甲信地方の天気(30日11時発表)

けさの関東地方は広く雨雲がかかり、都心では8日連続で降水を観測しました。これは、本州の南海上に停滞する前線上の低気圧が、関東の南を通過したことによる雨でした。


日曜もすっきりせず 月曜は広く本降り

あすも前線は関東の南をウロウロ。このため引き続き雲が広がりやすく、所々でにわか雨があるでしょう。前線上に発生する新たな低気圧が西から進んでくるため、夜はまとまった雨雲が近づきます。神奈川など沿岸部は、この雨雲がかかり始めるでしょう。1日(月)には関東の広い範囲で本降りの雨となり、一時的に雨脚が強まる所もありそうです。雨は2日(火)の明け方まで残るでしょう。

1日9時の予想天気図

1日9時の予想天気図


恋しい青空 いつ見える?

また、都心はこのところ日差しが少なく、青空がほとんど見えていません。日照時間は、きのうまでに5日連続で1時間に満たず、25日(月)は0.9時間、26日(火)から29日(金)は0.0時間と、ドンヨリ続き。そろそろ青空が恋しくなってきました。
あすは、多少日の差す時間もありますが、スッキリ青空とはいかず、一時的。月曜日のまとまった雨雲が東の海上に抜けると、都心も晴れ間が広がりやすくなるでしょう。今のところ、2日(火)の日中には、青空が期待できそうです。前線の位置や低気圧の進む速度によっては、雨の降る時間や晴れるタイミングがズレる可能性があります。tenki.jpで最新の予報をご確認ください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング