1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

25日 日本海側は気温が下がる一方 雨から雪へ 太平洋側も夜は冷える 所々に雪雲

tenki.jp / 2021年12月25日 8時20分

メイン画像

きょう25日(土)は次第に冬型の気圧配置に。日本海側は気温が朝からジワジワ下がり続ける所が多く、初めは雨でも雪に変わる。太平洋側も、夜は各地でグッと冷えて、紀伊半島など西日本の太平洋側にも所々に雪雲が流れ込む。

次第に冬型の気圧配置に

今朝は、低気圧が本州の南にあり、この雨雲が関東の沿岸部にかかっています。低気圧は次第に東へ離れ、日本付近は冬型の気圧配置になるでしょう。夜にかけて、平地で雪の目安となる寒気(上空1500m付近でマイナス6℃以下)が本州南岸まで流れ込む見込みです。日本海側では、初めは雨の所も雪に変わり、太平洋側も所々で雪が降るでしょう。
【各地の天気】
●北海道:北部は雪や吹雪で、晴れ間のある南西部や東部も雪の降る所があるでしょう。
●東北:日本海側は断続的に雪。午後は風が強まり、ふぶく所がありそうです。太平洋側も所々で雪が降ります。
●北陸:午前中は多くの所で雨が降るでしょう。午後は雪に変わり、夕方以降は降り方が強まってきそうです。
●関東甲信:平地は天気が回復し、次第に晴れ間が広がります。長野県や関東北部の山沿いは日中から夜にかけて雪の所が増えてきそうです。
●東海:日中は大体晴れ。夜は、岐阜県は次第に雪の範囲が広がり、愛知県や三重県の平地も所々で雪が降るでしょう。
●近畿・中国地方:近畿北部と山陰は雨が降ったりやんだりで、夜は平地も含めて雪に。近畿中部と南部、山陽は日差しが届くものの、にわか雨の可能性があり、夜は所々で雪が降るでしょう。
●四国・九州:おおむね晴れ。ただ、日付のかわる頃には雪の降りだす所もありそうです。
●沖縄:雲が多く、所々で雨が降るでしょう。

全国的に 夜は朝より寒くなる

日本海側の地域では、朝の気温が一日の中での最高気温となる所が多いでしょう。日中は気温が次第に下がり、夜は広い範囲で0℃を下回りそうです。
太平洋側の地域では、昼頃にいったん気温が上がりますが、夜はグッと気温が下がって朝よりも寒く感じられるでしょう。

28日頃まで 広い範囲で大雪 交通への影響に加え 停電など生活への影響にも注意

冬型の気圧配置は、あす26日から27日にかけて強まり、28日頃まで続くでしょう。日本海側では北陸を中心に積雪が一気に増えて、除雪が追い付かないほどの状況になる所がありそうです。太平洋側にも所々に雪雲が流れ込みます。四国や九州南部にかけても、山沿いは大雪のおそれがあり、平地も積雪や路面凍結に注意が必要です。電車など交通機関が大きく乱れる可能性があり、車の立ち往生の危険性も高まります。
着雪や倒木で停電が発生したり、交通への影響が長引いて物流が滞るなど、生活への影響が出てくることも考えられますので、大雪の予想されている地域にお住いの方は、比較的雪の範囲が狭い、きょう25日の日中のうちに備えをしておくと安心です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください