連休最終日の天気 秋と夏のせめぎあい

tenki.jp / 2014年9月14日 22時36分

15日は日本付近で秋と夏の空気がぶつかります。北海道から近畿はまずまずのお出かけ日和ですが、中国・四国から九州は雲が多く、太平洋側ほど雨が降りやすいでしょう。

15日午前9時の予想天気図 日本付近で秋と夏がせめぎあい 大陸には強い寒気が控える

15日午前9時の予想天気図 日本付近で秋と夏がせめぎあい 大陸には強い寒気が控える

15日は大陸育ちの高気圧が本州を通過していきます。秋の乾いた空気を運び込みますが、足早に東海上へ離れるでしょう。
北海道から近畿は14日より雲が広がりやすいものの、日中は日差しがでる見込みです。まずまずのお出かけ日よりでしょう。
ただ、北海道には前線が近づくため、夜は日本海側で雨の降りだす所があるでしょう。
(この前線が抜けると、この時期としては強い寒気が入るため、北海道の大雪山系では週の後半に初冠雪となるかもしれません。)
一方、沖縄付近は夏の名残の空気に覆われています。14日も最高気温は各地で30℃以上。真夏日と熱帯夜が続いています。
15日は夏の空気が次第に北上して、雨雲の元になる暖かく湿った空気が西日本に入ります。
九州から中国・四国は雲が広がりやすく、太平洋側では雨の所も。鹿児島など九州南部では局地的に激しく降ることもある見込みです。

天気と気温の予想(15日)

天気と気温の予想(15日)

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング