関東甲信 今週前半は半袖 後半は長袖

tenki.jp / 2014年9月15日 15時50分

あす16日の関東甲信地方は晴れて暑さが戻ります。昼間は半袖の服で過ごせそう。ただ、暑さは続かず、日に日に涼しくなります。今週後半は昼間も空気がヒンヤリして、長袖の服が必要になるでしょう。

関東・甲信地方の16日の予想気温(15日11時発表)

関東・甲信地方の16日の予想気温(15日11時発表)

きょうの関東甲信地方は日差しが少なく、最高気温は25度前後と、きのうより3度から5度くらい低くなりました。あす16日は、日中は日差しが届いて、再び暑くなるでしょう。内陸を中心に30度くらいまで上がる所が多く、日中は半袖の服で過ごせそうです。空気は比較的乾いて、日陰はしのぎやすいものの、きょうより5度以上高くなる所もあるため、屋外で過ごす方は急な暑さにご注意を。

さて、9月に入り、毎日の気温の変化が大きくなっているうえ、昼間は暑くても朝晩は涼しく、服装選びに悩む日々ですね。東京都心の9月の最高気温、最低気温の推移を見てみますと(下図の左側・ピンクのエリア)、9月のはじめこそ真夏日や寝苦しい日がありましたが、その後は極端な暑さはなく、25度に届かなかった日も増えています。また、朝は20度前後と、エアコンをつけずに窓を閉めてちょうどよいくらいでした。

東京都心の9月の最高気温・最低気温の推移(16日以降は予測)

東京都心の9月の最高気温・最低気温の推移(16日以降は予測)

この先の気温の予測を見てみますと(図の右側・黄色エリア)、あすは一時的に暑さが戻りますが、長続きしません。17日も晴れ間がありますが、暑さは控えめで、最高気温は25度前後の予想。18日以降は本州の南岸に前線が停滞し、曇りや雨に。日に日に気温が下がり、特に土曜日頃からは上がっても21度くらいと、昼間も長袖の服が必要でしょう。そろそろ本格的に秋物を準備するとよさそうです。また、夜間の気温もこれまでより2~3度低くなります。タオルケットなど夏用の掛け物では体が冷えてしまいそうです。寝具もいよいよ秋支度を進めるとよいでしょう。

東京都心の10日間予報

東京都心の10日間予報

9月はもともと、月はじめと終わりでは気温が大きく変化します。都心の最高気温の平年値は9月はじめが30度くらい、終わりには24度くらいと、ひと月のうちに6度くらい低くなります。体調を崩しやすい時期ですので、脱いだり着たりしやすい服装を選んで、時間や場所によって上手に調節しましょう。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング