北は突然の激しい雨 東と西は暑さ注意

tenki.jp / 2014年9月15日 23時0分

連休明けの16日、新潟から北海道は突然強まる雨が心配。大気の状態が不安定で、局地的に非常に激しい雨の恐れも。一方、関東から西は晴れて気温が30度前後に。朝晩との気温差が体にこたえそうです。

16日(火)全国の天気と気温

16日(火)全国の天気と気温


連休明け 新潟から北海道 局地的な激しい雨の恐れも

15日の連休最終日、広く晴れ間がでた北日本ですが、
連休明けはスッキリしない空模様です。
日本海北部に発生する低気圧から延びる気圧の谷が、
16日(火)は北日本を通過していきます。
この影響で、上の左図の天気予報にあるように、
新潟から北海道にかけては雲が多く、日中は雨や雷雨となるでしょう。
仙台など東北の太平洋側では一部で晴れ間がでますが、
こちらも変わりやすい天気。急な雷雨があるでしょう。
また、気圧の谷が通過して、北日本上空には強い寒気が流れ込みます。
16日は、大気の状態がより不安定になりますので、
雷を伴い突然激しい雨が降り出したり、
局地的には非常に激しい雨の恐れもあります。
気圧の谷の通過のスピードが比較的速いため、
長い間降り続くような大雨にはなりませんが、
短時間の激しい現象には警戒が必要です。
急に見通しが悪くなることもありますので、車の運転なども十分に注意してください。


関東から西は広く晴天 最高気温は30度前後に!!

16日は、北は雨や雷雨となりますが、
一方で関東から九州にかけては日差しがたっぷり。
昼間は15日より気温が上がり、暑くなるでしょう。
上の右図の予想気温をご覧ください。
鹿児島や高知の最高気温は30度の予想で、
15日と比べて3度から4度高くなる見込みです。
また、福岡や広島、大阪、名古屋などは29度、
金沢や東京は28度の予想です。
那覇では雲が多いですが、32度まで上がる見込みです。
軒並み30度前後で、昼間は暑くなるでしょう。
朝晩は涼しいですが、昼間はグンと気温が上がって、
朝晩と日中の気温差が体にこたえそうです。
服装選びが難しい時期ですが、16日は昼間の暑さにも備えて、
半袖と、長袖の上着を上手に組み合わせるようにしてください。
連休明け16日は、新潟から北海道は突然の激しい雨に、
関東から西では昼間の暑さに注意してお過ごしください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング