どれくらいの雨が降るのか

tenki.jp / 2014年9月24日 23時27分

台風から変わった低気圧は、25日の日中は東北地方を通過する。西日本から北日本の広い範囲で雨が降り、雷を伴い1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所がある。大雨による災害に注意。

台風から変わった低気圧の影響が予想される期間

台風から変わった低気圧の影響が予想される期間

台風から変わった低気圧は前線を伴いながら、日中は東北地方を北東に進む。
低気圧に変わったといっても、油断はできない。
南から暖かく湿った空気が流れ込むため、広い範囲で大気の状態は不安定になる。
特に、南に開けた山の斜面では雨雲が発達しやすく大雨になりやすい。
平野部でも雷を伴い激しく降る所がある。


◆雨の降る時間帯

24日17時に発表された予報によると
四国は朝まで。
中国の山陽は未明まで。
中国の山陰と近畿、東北は昼ごろにかけて。
東海、北陸は昼過ぎまで、
関東は夜のはじめ頃まで。
北海道の南西部は昼前まで、中部は夜まで。
東部は昼前から雨が降り出し、夜まで続く。


◆雨の量

局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る。
25日の18時までに予想される雨量。
いずれも多い所で、
四国地方・・・・・・・・250ミリ
近畿地方、東海地方・・・200ミリ
北陸地方・・・・・・・・180ミリ
関東甲信地方・・・・・・150ミリ
東北地方・・・・・・・・120ミリ


◆注意点

落雷や突風はもちろん、
大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意が必要。
傘が役に立たないくらいの激しい雨に遭遇することもあるので、
レインコートや長靴を活用すると良い。
通勤通学の時間帯に雨が強まる所があるほか、
沿岸部を中心に風が強まるため、交通機関に影響が出ることも。
時間に余裕をもってお出かけを!

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング