北日本は大荒れ 東・西も北風ピュー

tenki.jp / 2014年11月3日 15時46分

急発達した低気圧の影響で、北日本は大荒れ。明日にかけて暴風や高波に警戒。師走並みの寒気も入り、北海道は日本海側を中心に平地でも積雪となる所も。東・西日本も強い北風。明日朝にかけてグッと冷えそう。


北日本で暴風吹き荒れる 明日にかけてふぶくおそれも

本州付近は冬型の気圧配置。全国的に風が強まっています。特に北日本で風が強く、北海道えりも岬では10時ごろに最大瞬間風速39.4メートル、青森県八戸市でも11時過ぎに30メートルを観測するなど、風に向かって歩けないほどの暴風が吹き荒れています。また師走並みの寒気が流れ込むため、明日にかけて北海道の日本海側では雪でふぶくおそれもあります。平地でも積雪の所がありますので、車の運転は慎重に行って下さい。


東・西日本も強い北風 明日朝は気温一ケタに

左図は明日の予想気温です。青字の最低気温に注目して下さい。北日本だけでなく、東・西日本でも強い北風が続き、気温が一ケタまで下がります。広島は6度と11月下旬並みの寒さです。今夜は外の冷たい風を入れないよう戸締まりをしっかりと行い、厚手の布団をかけるなど、寒さ対策を万全にしてお休み下さい。また、太平洋側では空気も乾燥します。うがいをしてのどのケアもしっかりと行いましょう。


北日本は引き続き荒れ模様 東・西は穏やかに

明日は発達した低気圧が次第に離れ、大陸からは高気圧に覆われてきます。低気圧に近い北海道や東北では雨や雪はお昼ごろまでにはほぼやみますが、風はまだ強いですので、引き続き注意・警戒して下さい。一方、関東から九州は広く晴れて、風もおさまってきます。気温も20度くらいまで上がり、日差しにホッとできそうです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング