今週の中頃 寒気が南下

tenki.jp / 2014年11月10日 23時8分

11日(火)は高気圧に覆われて、全国的に晴れる所が多い見込みです。ただ関東や東海は前線の影響で雨の所も。12日(水)から13日(木)にかけては次第に冬型の気圧配置へ。


11日(火)の天気

11日(火)は本州付近は高気圧圏内となる見込みです。
北海道の強い風は収まり、穏やかに晴れるでしょう。
東北地方と北陸、近畿から九州にかけても
日中は青空の広がる所が多い見込みです。
朝は10日(月)よりも冷え込む所が多いですが、
日中の気温は10日(月)と同じか高くなる見込みです。
朝晩と日中の気温差が大きくなりますので、服装選びや体調の管理にお気をつけください。
沖縄も晴れて、日中はこの時期らしい気温でしょう。
ただ、日本の南の前線に近い関東や東海は
雲の多い天気となる見込みです。
沿岸部ほど雲が厚く、雨の降る所があるでしょう。
関東は北東風が吹いて、日中も気温はあまり上がらず、空気がヒンヤリしそうです。
関東の詳しい天気は
中川予報士の書いた記事「11日の関東 曇りや雨で寒くなる」もご覧ください。
(※下記の「あわせてチェックしたい」項目を参照。)


12日(水)から13日(木)の天気

12日(水)は沿海州の南部沖に前線を伴った低気圧が発生し、
13日(木)にはサハリン付近で急速に発達する見込みです。
日本付近は次第に西高東低の冬型の気圧配置となり、
日本の上空には強い寒気が流れ込む予想です。
13日(木)には平野部でも雪の目安になる寒気が
北海道から東北北部付近まで南下するでしょう。

12日(水)は北海道や本州の日本海側で雲が多くなり、
午後は次第に雨が降り出す見込みです。
13日(木)は北海道と東北地方の日本海側では
平野部でも雪の降る所があるでしょう。
北陸も冷たい雨で、山陰から九州北部にかけてもすっきりしない天気となる見込みです。
一方、太平洋側では晴れる所が多いでしょう。
今週は季節がまた一歩進み、冬の訪れを感じられそうですね。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング