天気の回復は遅い 次の晴天と暖かさは

tenki.jp / 2014年11月25日 15時58分

3連休明けは九州~東北南部で雨が降り、25日帰宅時間は関東で本降りに。ノロノロ低気圧で26日も広く雨。東北南部や関東は北風が冷たく、東京はクリスマスの頃の寒さ。


25日 関東は お帰りの時間に本降り

3連休明けの25日は、九州から東北南部で、傘の出番となりました。
未明には、九州で雨脚が強まり、
長崎県の松浦は1時間に73ミリと、滝のような雨が降りました。
活発な雨雲は東へ進んで、
昼前には、和歌山県の南紀白浜で1時間に56ミリと、非常に激しい雨を観測しました。
雨を降らせている原因は、ノロノロと進む低気圧。
中国、四国から東北南部にかけては、
今夜にかけても、広い範囲で雨が続きそうです。
特に、これから本降りになりそうなのは、東海や関東の沿岸部。
関東では、ちょうど通勤や通学からお帰りの時間が、本降りの雨の時間とぶつかりそうです。
北風も強まりますので、傘を持っていても、濡れてしまいそう。
風邪をひかないよう、お気をつけ下さい。

そして、あすの朝の予想天気図をみても…


26日 広く雨 関東や東北南部は気温上がらず

今日、雨を降らせた低気圧は動きが遅く、まだ、関東沖に予想されています。
さらに、北陸付近にも、別の低気圧が発生するので、
全国的に、天気の回復が遅れそうです。
地域別 雨の降る時間は?
【九州北部や中国、四国、近畿、東海】
昼ごろまで雨の降りやすい天気が続くでしょう。
雨がやんでも、曇り空の所が多くなりそうです。
【関東や北陸、東北南部】
一日を通して雨が降りそうです。
関東や東北南部の沿岸部では、北風の強い状態も続くでしょう。
落ち葉が雨に濡れると、足元が滑りやすくなります。
沿岸部では、車が横風にあおられることもありますので、
車の運転は、いつもより慎重にして下さい。
北陸では、カミナリの鳴る所もあるでしょう。
落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。
【東北北部】
午後は次第に雨雲がかかるでしょう。
お出かけの時に降っていなくても、傘をお持ち下さい。
さらに、あすのポイントは、関東や東北南部を中心に、北風で気温が上がらないこと。
予想気温をみてみると…

仙台は8度と、12月中旬並み。
東京は11度と、クリスマスや年末の頃の寒さです。
東京では、25日の正午の気温が11度4分だったので、
季節を先取りした寒さが続きます。
26日も、冬の上着をしっかり着て、お出かけ下さい。
この雨と寒さは、いつまで続くかと言いますと…


27日 東京も小春日和

27日には、全国的に日差しが戻るでしょう。
傘マークの新潟は、はじめ雨の残る所がありますが、天気は回復へ向かいそうです。
最高気温は、東海から西は20度近くまで上がるでしょう。
昼間は、厚手の上着なしで過ごせるくらいになりそうです。
東京は17度の予想。
やっと、日差しの暖かさを感じられ、『小春日和』になりそうですね。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング