寒気が居座り 朝晩の冷え込み強まる

tenki.jp / 2014年12月1日 23時27分

2日は日本列島に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まります。今度の寒気は長く居座るため、この先しばらく冬の寒さが続きます。朝晩は冷え込みが強まり、北日本や内陸では気温が0度以下の所が多い見込みです。さらに、最低気温が0度未満の冬日が、2日以降は急激に増える予想です。

<冬日の割合>

<冬日の割合>

図は、最低気温が0度未満の冬日の地点の割合です。
気温を観測している観測所は全国におよそ900地点あります。
その中で、12月1日に最低気温が0度未満の冬日の地点は60地点あまりでした。
ところが、6日をピークに2日から急激に増える予想になっています。
2日は全体の約4割、6日は約6割を上回りそうです。


2日は西日本から真冬の寒さに

2日は冬型の気圧配置が強まるでしょう。
等圧線の間隔も狭く、日本列島は日本海側を中心に季節風が強まる見込みです。
日本海側は広く雪や雨が降り、北日本と北陸の山沿いは大雪の恐れもあります。
一方で、太平洋側にも雪雲の流れ込む所があり、四国の山間部では積雪になる所がある見込みです。
冷たい空気に包まれるため、太平洋側では日差しも出ますが、気温はあまり上がらないでしょう。
今回の寒気は西回りで入るため、2日は北日本より西日本の方が厳しい寒さに見舞われそうです。
最高気温は、高知は10度、大阪は9度と真冬の寒さになる見込みです。

<札幌から東京>

<札幌から東京>


3日以降は東日本と北日本も寒さが厳しくなる

3日以降は、東日本や北日本も寒さが厳しくなる見込みです。
10日間予報でこの先の予想気温を見てみましょう。
まず、札幌から東京です。
札幌の最低気温は3日から8日にかけて、氷点下が続くでしょう。
最高気温も3度以下の日が続く見込みです。
仙台や新潟も土日が寒さの底になりそうです。

<名古屋から福岡>

<名古屋から福岡>

名古屋から福岡です。
金曜日から土曜日が寒さの底になりそうです。
寒くなると風邪やインフルエンザが流行りますので、暖かくして体調管理にはお気をつけ下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング