大雪は昼頃まで 真冬の寒さ続く

tenki.jp / 2014年12月15日 8時48分

北海道から北陸、近畿北部にかけての日本海側は昼頃まで雪や雨で、ふぶく所も。さらに積雪が増える恐れ。日中の気温は昨日(日)より高くなる所が多いが、真冬並みの寒さが続く。

今日(月)午前7時の雪雲、雨雲の様子

今日(月)午前7時の雪雲、雨雲の様子

上の画像をご覧下さい。
北海道から近畿北部にかけての日本海側には、雪雲や雨雲が広くかかっています。
昨日(日)は1日で1メートルくらいの雪が降った、
新潟県の津南町や長野県の野沢温泉村では、今朝は降り方が弱まっているものの、
午前7時現在も、依然として1時間に5センチ以上、3時間に10センチから15センチ(靴がすっぽり埋まってしまうくらい)の強い雪の降っている所があります。
今日は次第に強い寒気が東へ抜ける見込みで、大雪のピークは越えつつありますが、
まだ、昼頃までは大雪に注意が必要です。

北海道から北陸にかけての日本海側は、午前を中心に雪や雨が降るでしょう。
風が強く、ふぶく所もある見込みです。
午後は次第にやみますが、引き続きなだれや屋根からの落雪にご注意下さい。
雪かきや雪下ろしの際は、2人以上で作業し、事故を防ぎましょう。
また、雪が多く積もった所では、路肩に寄せられた雪で見通しが悪くなります。
ドライバーの方はもちろん、歩行者の方も横断の際はいつも以上に注意を払うようにして下さい。

北海道と東北の太平洋側と、関東から九州にかけては、日中は晴れ間のでる所が多いでしょう。
ただ、早くも次の気圧の谷が近づいており、九州は夜遅くなると雨が降りだす見込みです。

今日(月)の全国の天気

今日(月)の全国の天気

日中の気温は、北海道と東北北部は0度前後、
東北南部と北陸も5度に届かないでしょう。
関東から中国地方も10度を下回る所が多い見込みです。
昨日と同じか、2度から3度くらい高くなりますが、
それでも真冬のような寒さが続くでしょう。
四国と九州は10度を超えて、
日差しのもとではホッとできそうです。

今日(月)の予想最高気温

今日(月)の予想最高気温


明日(火)は全国的に荒れ模様 その後は再び寒波

明日(火)は、二つの低気圧が急速に発達しながら日本海と本州の南岸を進みます。
このため、全国的に雨や雪となるでしょう。
平地でも雪になるような寒気は東北北部まで北上するため、
北海道を除いて、雨が中心になる見込みです。
また、沿岸部を中心に風が非常に強く吹いて、荒れた天気になるでしょう。
明後日(水)からは再び強い寒気が流れ込みます。
詳しくは下のリンクにある、堀江予報士の
「今週の天気 火曜~木曜は冬の嵐と極寒」をご覧下さい。

明日(火)の全国の天気

明日(火)の全国の天気

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング