あすは広く雨や雪 関東南部も雪まじる

tenki.jp / 2014年12月15日 15時17分

あす、関東は沿岸部で未明から雪や雨が降りだし、都内でも朝は雪のちらつく所あり。日中、平野部は雨に変わる所が多いですが、次第に雨や風が強まりそうです。最高気温はこの冬一番低い予想。

16日午前6時から9時の天気分布予報(15日12時発表)

16日午前6時から9時の天気分布予報(15日12時発表)


あす午前中は平野部でも雪やみぞれ

きょうの関東地方は、広く晴れましたが、あすは一転、傘が必要に。茨城、千葉など沿岸部は未明から雪や雨の降る所があるでしょう。(気温の低い時間ですので、雨より雪の所が多いでしょう)。都内や内陸など、そのほかの地域でも朝の通勤・通学の時間帯に雪のちらつく所がありそうです。雪雲がかかるかどうかというくらいで、降る量は少ないため、積もる可能性は低いでしょう。ただ、弱い雪でも降りだしが早く、ある程度雪が続けば、植え込みが白くなる所がありそうです。
昼前からは平野部では雪から雨に変わる所が多いでしょう。昼過ぎからは本降りとなり、次第に風も強まりそうです。雨のピークは夜の帰宅時間で、沿岸部では横なぐりの雨となる所も。屋外にある飛ばされやすい物は、あすの午前中までに室内に入れておくなど、対策をとっておいてください。
山梨県では山地を中心に雪が積もり、盆地でも積もる所がある見込みです。


雪や雨で昼間も震える寒さ

南風が吹くのは千葉県など沿岸部だけで、多くの所では北風の予想。昼間も気温はあまり上がらずに、予想最高気温は都心7度、宇都宮4度など、この冬で最も低い所が多くなりそうです。傘を持つ手が冷たいでしょう。雨に濡れると体がいっそう冷えてしまいます。体調を崩さないよう、お気をつけください。

なお、あす16日は全国的に雨や雪が降り、風が急激に強まって荒れた天気になるでしょう。いったん気温が上がるため、雪となるのは北海道や本州の山間部が中心、東北から九州は雨の降る所が多い見込みです。雪が多く積もっている所はなだれに注意が必要です。太平洋側沿岸部では雷を伴って雨が激しく降る所がありそうです。雨の後は次第に寒気が流れ込み、日本海側では雨が雪に変わるでしょう。18日にかけては猛烈に発達する低気圧の影響で、再び大雪となる恐れがあります。「風が非常に強い」というのがポイントで、大雪だけでなく、猛ふぶきにも警戒が必要です。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング