30日(火)は太平洋側は大掃除日和

tenki.jp / 2014年12月29日 23時6分

29日(月)は南岸低気圧の影響で午前中は広く雨や雪。関東も昼頃まで雨や雪で、傘を持つ手が震える寒さでした。30日(火)は太平洋側で晴れて、大掃除日和となるでしょう。

30日(火)午前9時の予想天気図

30日(火)午前9時の予想天気図

30日(火)は冬型の気圧配置となるでしょう。
北日本(北海道と東北地方)を中心に強い寒気が流れ込む見込みです。
日本海では風がぶつかりやすく、その影響で
東北地方の南部や北陸付近では山沿いを中心に雪の強まりに注意が必要です。
(※上図、30日の予想天気図を参照ください。)
『30日(火)の天気』
北海道と東北地方の日本海側は午後を中心に雪の所が多く、吹雪く所もあるでしょう。
太平洋側にも雪雲の流れ込む所がありそうです。
北陸は雨か雪が降りやすく、山沿いを中心に一時的に強く降り、カミナリを伴う所もあるでしょう。
落雷や突風にもご注意ください。
関東、東海と近畿から沖縄にかけては大体晴れるでしょう。
年越しの大掃除がはかどりそうです。
ただ、午前中は関東甲信など濃い霧のかかる所があるでしょう。
見通しが悪くなりますので、
車の運転などは事故のないようにくれぐれもお気をつけください。
『30日(火)の気温』
最低気温は北海道と東北地方で氷点下の冷え込みの所が多いでしょう。
関東から九州にかけては5度前後の所が多く、この時期としては少し高めです。
最高気温は北海道は2度くらい、
東北地方や北陸は5度前後の所が多く、この時期らしい寒さでしょう。
関東、東海、近畿から西の各地は
10度を超える所が多く、日なたでは日差しの暖かさを感じられそうです。

30日(火)の全国天気と気温

30日(火)の全国天気と気温

『31日(水)と1日(木)の天気』
31日(水)は日本海西部で低気圧が発生し、発達しながら本州付近を通過する見込みです。
次第に冬型の気圧配置が強まるでしょう。
(※下図、31日と1日の予想天気図を参照ください。)
上空には強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に大雪や荒れた天気となる恐れがあります。
吹雪や積雪が多い所ではなだれや落雪に十分にご注意ください。
また、31日(水)の大晦日の夜からは全国的に気温がグッと低くなり、
三が日は各地で厳しい寒さとなる見込みです。
初詣などへお出かけになる際はマフラーや手袋など、
寒さ対策をしっかりとして、風邪などひかないようにお気をつけください。
年末・年始の詳しい天気は下記の「あわせてチェック」したい項目から
「年末・年始の天気 元日から冬の嵐」の記事もご覧ください。

31日(水)と1日(木)午前9時の予想天気図

31日(水)と1日(木)午前9時の予想天気図

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング