成人の日まで居座る長期滞在型の寒気

tenki.jp / 2015年1月9日 8時27分

今回の寒気は長期滞在型。しぶとく寒さ続く。3連休、北陸以北の日本海側は大雪注意。交通機関への影響が心配。太平洋側は晴れて、成人式の晴れ着姿の記念撮影は青空背景。

青空に映える冬富士(1月7日山中湖にて撮影)

青空に映える冬富士(1月7日山中湖にて撮影)


◆日本海側 晴れ着姿は足元に注意を

土曜日、日曜日、月曜日(成人の日)と3連休という方が多いと思います。
日本付近は冬型の気圧配置が続きます。上空に流れ込んでいる寒気は長期滞在型です。
成人の日の晴れ着姿は日本海側は雪景色と、太平洋側は青空との記念撮影になりそうです。
きょう(9日)から12日(成人の日)までの天気の傾向①
北海道から北陸までの日本海側は雪が降ったりやんだりでしょう。
時折、降り方が強まり、局地的な大雪になる恐れがあります。
交通機関への影響も心配です。
近畿北部や山陰も雲が多く、雪の降る所がありそうです。
厳しい冷え込みで、路面の凍結した状態も続くでしょう。
成人の日、慣れない晴れ着姿という方は特に足元にお気を付け下さい。
沿岸の地域は吹雪いて見通しの悪くなることもあるでしょう。
連休中に車でのお出かけを予定されている方は、運転はくれぐれもご注意ください。
また、スキーやスノーボードなどは雪崩に注意し、決められたコース内で楽しむようにしましょう。
きょう(9日)から12日(成人の日)までの天気の傾向②
太平洋側の各地と九州、沖縄は晴れる見込みです。
ただ、地上付近の熱が奪われる放射冷却が強まり、朝晩は一段と冷え込みが厳しくなるでしょう。
空気の乾燥した状態も続きそうです。
この先も全国的に寒中らしい寒さが続きます。暖かくしてお過ごしください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング