北の嵐過ぎ去るも 西から下り坂

tenki.jp / 2015年2月16日 9時17分

16日は北海道の雪や強い風は回復傾向。一方、低気圧の近づく九州は雨。夕方以降は四国や中国にも雨雲がかかる。17日は低気圧が本州の南岸を東進。関東まで雨や雪に。

16日(月)の全国の天気

16日(月)の全国の天気

16日(月)は、北海道に大荒れの天気をもたらした低気圧が東へ離れていきます。
このため、北海道の天気は回復傾向。
オホーツク海側を中心に雪が残りますが、時間が経つにつれて降り方は弱まるでしょう。
風も次第に収まりますが、日中いっぱいは強い風の吹くことがありそうです。
一方、東シナ海から低気圧が近づいてくるため、九州は雨が降りやすいでしょう。
雨の範囲はゆっくりと東へ広がり、四国や中国も夕方以降は雨となる見込みです。
夜遅くなると、近畿にも雨雲がかかり始めるでしょう。
東海や北陸、関東甲信、東北はおおむね晴れる見込みです。
日中の気温は名古屋と東京で3月上旬並みの予想。
冷たい北よりの風が収まって、昼間は日差しが暖かいでしょう。


17日(火)は南岸低気圧 東海と関東甲信を中心に雨や雪

東シナ海から近づく低気圧は、16日(月)の夜には九州付近、17日(火)の朝には紀伊半島沖に進む見込みです。
そのあともゆっくりと東へ進むでしょう。
太平洋側に冷たい雨や雪を降らせる南岸低気圧のパターンとなります。

17日(火)朝9時の予想天気図

17日(火)朝9時の予想天気図

このため、17日(火)の日中は東海や関東甲信を中心に雨や雪となるでしょう。
関東の内陸部でも雪の交じる所がありそうです。
ただ、今のところ低気圧はあまり発達せず、比較的陸地から離れた所を通る見込み。
雨や雪の降る量は少ないでしょう。
九州から近畿と北陸も傘マークがついていますが、雨や雪は朝まで。
日中は晴れ間のでる所もある見込みです。

17日(火)の全国の天気

17日(火)の全国の天気

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング