車の冬装備

tenki.jp / 2013年10月27日 15時57分

北海道付近は冬型の気圧配置で、上空には寒気が流れ込んでいます。
今日の北海道は、太平洋側では割合日差しがありますが、日本海側とオホーツク海側は晴れ間が出ても時折冷たい雨が降るような変わりやすい天気となっています。
さらに、寒気の影響で雨に雪のまじる所があり、峠や山間部では積雪状態となったり、凍結する恐れがあります。
ドライバーの方は路面状況の変化に十分注意して下さい。

既に標高の高い所では雪の積もっている道路があり、北海道で峠越えをする車は冬の装備が必要となってきています。
本州では、冬になると道路情報で『チェーン規制』の情報をよく耳にしたり、表示を見かけます。
一方、北海道では、そういった注意が必要な時期には既にスタッドレスを装着している車がほとんどです。
そのため、『チェーン規制』の発表や表示がされていないわけではないですが、あまり北海道では馴染みのないイメージです。
なお、稀なケースとして、スタッドレスを装着している車両でも状況によっては、その上からチェーンの装着が必要になる場合があり、詳細の確認先は目的地や経由地最寄りの各道路交通情報センターまたは都道府県の警察となっています。
また、各都道府県によって積雪、凍結した路面での滑り止め防止装置の装着措置が異なりますので、下記のリンクで確認することが出来ます。
「都道府県道路交通法施行細則又は道路交通規則における積雪、凍結時の防滑措置」 一覧
(一般社団法人日本自動車タイヤ協会のページへ)
http://www.jatma.or.jp/winterdrive/pdf/regulations.pdf
冬道を走るドライバーの方はタイヤの交換やチェーンの装着、毛布やスコップ等を車に積んでおくなど、事前に十分な準備を行い、慎重な運転をお願いします。

tenki.jp

トピックスRSS

ランキング