秋田でひょうを観測 東北や北陸は落雷や竜巻に注意

tenki.jp / 2013年11月7日 14時42分

秋田地方気象台は、7日13時すぎに「ひょう」を観測した。東北の日本海側や北陸には雷注意報や竜巻注意情報が発表されており、今夜遅くにかけて落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。(日本気象協会)

7日の気象レーダー(東北)

7日の気象レーダー(東北)

東北や北陸では前線が通過中で大気の状態が非常に不安定になっており、発達した雨雲や雷雲がかかっている。秋田県五城目町では1時間に26ミリの強い雨を観測した。また、秋田県にかほ市では最大瞬間風速26.7メートルを記録。気象庁では、今夜遅くにかけて、強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうに注意を呼びかけている。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング