雨の範囲広がる 特に関東で肌寒い

tenki.jp / 2015年9月16日 21時31分

雨の範囲は東北まで広がります。17日木曜日は秋雨前線と気圧の谷の影響で、九州から東北にかけて雨が降るでしょう。最高気温はこの時期としては低い所が多く、特に関東で肌寒さが増す見込みです。

17日は秋雨前線が東へ延びて、南岸に停滞する見込みです。また、西から寒気を伴った気圧の谷が近づきます。雨の範囲は東北まで広がるでしょう。

雨雲の動きはゆっくりです。近畿から東北は金曜日にかけて雨が降るでしょう。
豪雨の被害が残る地域では少しの雨でも注意が必要です。浸水の範囲が広がったり、地盤の緩みが進む恐れがあります。周囲の様子に気をつけてお過ごしください。


九州~東北 広く雨

●九州
北部は雨が降ったりやんだりで、雷を伴うこともあるでしょう。南部は朝まで広く雨や雷雨で、昼頃から日の差す所もある見込みです。
●中国、四国、近畿
傘の手放せない天気でしょう。雨が止んだと思ったら、急にザッと降り出すこともありそうです。雷の鳴ることもあるでしょう。
●東海、北陸、関東
時折、傘をさしても濡れるくらいの雨になるでしょう。日中の気温は23度前後の予想です。特に関東は気温の上り方が鈍く、雨に濡れるとより肌寒く感じられそうです。
●東北
日の差す時間もありますが、次第に雲が厚みを増すでしょう。夕方から次第に雨が降り出す見込みです。朝出かける時に雨が降っていなくても、傘をお持ちください。


北海道・沖縄 晴れ間がある

●北海道
日中は穏やかに晴れるでしょう。夜になると雲が広がりますが、天気の崩れはない見込みです。金曜日から日曜日にかけて曇りや雨の天気が続きます。日差しを有効にお使いください。
●沖縄
午前中は雨が降りやすいでしょう。午後になると、晴れ間が広がる見込みです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング