明日は全国大荒れ、北陸以北は暴風に警戒

tenki.jp / 2013年11月9日 16時19分

明日は急速に発達する低気圧の影響で、全国的に風が強まります。北海道や東北、北陸は非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。寒冷前線の通過で全国的に雨が降り、日本海側では雷を伴い激しく降る所も。北海道は南西部を中心に大雨の恐れがあります。この雨のあと、北日本の上空には真冬並みの寒気が入ります。北海道は10日の午後から、東北は11日から次第に雨から雪へ変わり、平地でも雪の積もる所がある見込みです。

明日の予想天気図

明日の予想天気図


北海道から北陸は暴風に警戒

全国的に風が強く、特に北海道や東北、北陸は暴風クラスに。何かにつかまっていないと立っていられなかったり、農業用施設に影響が出るくらいの非常に強い風の吹くおそれがあります。風の性質が午前と午後でガラリと変わるのもポイントのひとつ。午前中は南風、午後は北風や西風が強まるでしょう。


落雷や竜巻などの突風にも注意

低気圧や寒冷前線の通過で、全国的に雨が降ります。低気圧に近い北海道は南西部を中心に大雨に警戒。東北や近畿から九州は午前中、北陸は日中、関東や東海は午後を中心に雨で、強い風で横なぐりの雨になる時間もある見込みです。
立冬の嵐となった7日(木)と同じように大気の状態が不安定となるため、日本海側を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。非常に激しい雨や落雷、竜巻などの突風にも注意。雷鳴は活発な雨雲が近づいているサインです。ゴロゴロという音が聞こえたら、早めに頑丈な建物の中へ避難しましょう。


嵐とともに真冬並みの寒気が入る

明日の午後は、北から寒気が流れ込み始めます。札幌上空約5500メートルでマイナス38度、秋田上空でマイナス33度くらい、真冬並みの寒気です。このため、北海道と東北は次第に雪へ変わり、平地でも積もる所があるでしょう。月曜も強い風が残るため、北海道ではふぶきで見通しの悪くなることもある見込みです。北陸と関東北部も雪のまじる所があるでしょう。
月曜は季節が一気に進んで、晴れる関東以西も寒くなります。冷たい空気が居座って、来週は市街地でもひと桁の冷え込みの日が多くなるでしょう。ストーブやこたつ、手袋などの冬支度はお早めに。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング