四国の山間部で積雪の恐れ

tenki.jp / 2013年11月18日 12時35分

強い寒気の影響で、18日夜から19日の朝にかけて西日本では山沿いを中心に雪が降り、四国の山間部では積雪となる恐れがある。交通機関などは積雪に対する備えが必要だ。(日本気象協会)

雨雲や雪雲のようす(四国付近)

雨雲や雪雲のようす(四国付近)

18日の日本付近は西から次第に冬型の気圧配置となり、19日にかけては四国地方などの上空約5500メートルに氷点下24度以下の寒気が流れ込む。18日の夜から19日の朝にかけては西日本の山沿いを中心に雪が降り、四国の山間部で雪が積もる恐れがある。18日12時から19日12時までに四国地方で予想される降雪量は山間部の多い所で10センチの見込み。気象庁では積雪や路面の凍結による交通障害に注意を呼びかけている。
また、西日本の平地でも18日夜からは雨が雪に変わる可能性がある。19日の朝は九州から東海、北陸で師走並みの冷え込みとなる見込みだ。

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング