火曜日 大気不安定 落雷や突風の恐れ

tenki.jp / 2016年2月8日 19時58分

9日火曜日、北陸や東北の日本海側を中心に、近畿や中国、四国にかけても、広い範囲で大気の状態が不安定に。局地的に強まる雪や雨、落雷、突風に注意。


広い範囲で大気の状態が不安定

あす9日火曜日、日本海の低気圧が北海道付近へ進み、次第に冬型の気圧配置となるでしょう。
低気圧に向かって南寄りの風が入りやすいため、北日本や東日本を中心に、平年を上回る気温になる所が多い見込みです。
ただ、上空にはまだ強い寒気が残っています。地上との温度差が大きくなることで、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
局地的に積乱雲が発生して、カミナリが鳴ったり、ひょうが降ったり、竜巻などの突風が発生する恐れがあります。
とくに北陸や東北の日本海側では、あすの明け方から夕方にかけて、急に雪や雨の降り方が強まるようなことがありそうです。
発達した積乱雲が近づく兆しがあるような時は、すぐに頑丈な建物に移動して、安全を確保してください。
また、今回は冬のカミナリに慣れている日本海側の地域だけではなく、近畿や中国、四国の太平洋側でもカミナリが鳴ることがありそうです。所々でにわか雪やにわか雨もあるでしょう。天気の急変にご注意ください。


9日(火)の天気

あす9日火曜日の各地の詳しい天気です。
●北海道
日本海側だけではなく、太平洋側やオホーツク海側を含め広く雪が降るでしょう。
南風により暖かい空気が入るため、最高気温はプラスの所が多くなりそうです。札幌は4℃まで上がり、3月中旬並みの気温でしょう。雪祭りへ旅行されている方にとっても、凍てつくような寒さはなさそうです。
●東北
日本海側は雪や雨で、ふぶく所もあるでしょう。落雷や突風にもご注意ください。
仙台など太平洋側は日差しの届く所もありますが、雪雲や雨雲が流れ込みやすいでしょう。
湿った重い雪になりますので、電線や樹木への着雪にご注意ください。
●北陸
雪や雨が降るでしょう。風も強まり、荒れた天気になりそうです。
大気の状態が非常に不安定で、カミナリが鳴ったり、ひょうが降ることもありそうです。
天気の急変にお気をつけください。
●関東
雲の広がる時間もありますが、だいたい晴れるでしょう。
日中は南風と日差しで、東京は14度まで気温が上がるでしょう。
ただ、夜は北風が冷たくなりますので、調節のできる服装でお出かけください。
●甲信と東海
雲が広がりやすく、名古屋周辺や静岡県内でもにわか雨やにわか雪の所がありそうです。
出掛ける時に晴れていても、雨具を持ってお出かけください。
日差しが少ない分、気温はあまり上がらず、寒いでしょう。
●近畿
北部は雲が広がり、雨や雪が降るでしょう。
中部と南部は晴れ間がありますが、午前中を中心に雪雲や雨雲が流れ込むことがありそうです。
大阪でも朝は一時的に雨や雪が降る予想です。
●中国・四国
山陰は雪や雨でしょう。
山陽や四国でも午前中は雨や雪の降ることがあり、カミナリを伴うこともありそうです。
ただ、日中はだいたい晴れる見込みです。
●九州・沖縄
青空が広がるでしょう。天気の崩れもなく、雨具を持たずにお出かけできそうです。
この時期らしい寒さが続く見込みです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング