週末はようやく天気分布に変化

tenki.jp / 2013年11月21日 16時30分

今日も北陸地方を中心に大気の不安定な状態が続いています。金沢では11月としては記録的な大雨となっています。明日も今日と同じような天気分布が続きますが、土曜日以降は天気に変化がありそうです。


週末は日本海側もようやく安定した晴天へ

今日も北陸地方を中心に大気の不安定な状態が続いています。金沢では17日の降り始めからの雨量が300ミリを超えて、11月としては記録的な大雨となりました。日本海側は沿岸部を中心に風も強まっています。一方、太平洋側は乾燥した晴天が続き、東京は最小湿度が3日連続で20%台となっています。
明日も天気分布は今日と同じです。上空に寒気を伴った気圧の谷が通過するため、北陸を中心に大気の不安定な状態が続くでしょう。落雷や突風に注意が必要です。東北や北海道の日本海側も雨や雪が続くでしょう。一方、太平洋側は晴天が続く見込みです。
土曜日になると、日本海側の大気が不安定な状態も解消します。日本海側の雨や雪もやむ所が多いでしょう。日差しが戻りそうです。北海道や東北の太平洋側や関東から九州は広く晴れる見込みです。今日、鹿児島でもイチョウの黄葉が観測され、九州まで黄葉前線は進んでいます。週末は青空のもと木々の色づきを楽しめそうです。
日曜日も高気圧に覆われて、晴れる所が多いでしょう。ただ、西から天気はゆっくり下り坂で、西日本では次第に雲が多くなる見込みです。月曜日は全国的に雨が降り、沿岸部を中心に風が強まって、荒れた天気になるでしょう。

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング