きょうも寒さ我慢 日本海側は広く雪

tenki.jp / 2016年2月26日 8時57分

引き続き日本の上空には寒気が居座ります。きょうも冷たい空気に包まれて、真冬のような寒さの所があるでしょう。北海道から山陰にかけての日本海側は雪の降る所が多く、北陸付近を中心に降り方が強まり、雷の鳴ることもありそうです。太平洋側の地域は広く晴れるでしょう。


北海道から山陰にかけての日本海側 広く雪に

きょうも日本付近は冬型の気圧配置が続くでしょう。
北海道は、北部を中心に雪が降り、東北も雪でふぶく所がありそうです。
北陸や山陰も雪や雨で、雷の鳴る所があるでしょう。
夜は日本海の低気圧が北日本を通過するため、
北陸付近を中心に雪の降り方が強まることもありそうです。
内陸部を中心に積雪が増えたり、
見通しが悪くなることもありますので車の運転などご注意ください。
一方、東北の太平洋側や関東から近畿、山陽、四国、九州は広く日が差すでしょう。
花粉の飛ぶ量が増えてきています。
静岡や大分、長崎、熊本などで非常に多く飛ぶ予想ですので、
特に花粉症の方は万全の対策をなさってください。
沖縄は雲の多い状態が続き、海上は強風や高波に注意が必要です。


寒気が居座り、冬の寒さが続く

最高気温は、平年並みか平年に届かない所もあり、引き続き冷たい空気に包まれるでしょう。
北海道や東北の予想最高気温は、きのうと同じくらいの所が多くなりそうです。
関東から西は、きのうと同じくらいか少し高くなりますが、まだ空気は冷たく、
それほど暖かさは感じられないでしょう。
空気も乾燥していますので、風邪やインフルエンザにも十分に注意してお過ごしください。
図の中にある写真は、都内の満開の白梅の下で、香りを楽しんでいる園児たちです。
本格的な春への歩みはゆっくりですが、寒さの我慢ももう少し。
3月に入ると暖かくなってきそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング