25日は暴風に警戒 激しい雨や落雷、竜巻の恐れも

tenki.jp / 2013年11月24日 17時33分

25日は急速に発達する低気圧の影響で、全国的に風が強まり、海上はしける見込み。また、大気の状態が不安定になるため、局地的な激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。(日本気象協会)

25日9時の予想天気図

25日9時の予想天気図


非常に強い風が吹き、海上はしける

24日の日本付近は高気圧に覆われ、全国的に穏やかに晴れたが、25日は一転、荒れた天気となる。25日は低気圧が急速に発達しながら日本海を北東へ進み、低気圧から延びる寒冷前線が日本付近を通過する。このため全国的に風が強まり、沿岸部を中心に非常に強い風が吹く所がある。また、海上はしける見込み。
25日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道と近畿、四国、九州北部の強い所で、陸上15~20メートル(30~35メートル)、海上20~25メートル(30~35メートル)。予想される波の高さは、北海道5メートル、近畿、四国、九州北部、沖縄4メートルの見込み。暴風に警戒し、高波に注意が必要だ。


局地的な激しい雨や落雷、竜巻に注意

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になる。局地的に雨雲や雷雲が発達し、雷を伴って土砂降りの雨や横なぐりの雨となる見込み。沖縄地方では1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。25日18時までに予想される雨の量は、沖縄地方の多い所で100ミリ。低い土地への浸水や河川の増水、土砂災害に注意が必要だ。
また、前線の通過時は風向きが急変するため、竜巻などの激しい突風の恐れがある。気象庁では局地的な激しい雨や落雷、竜巻などに注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、頑丈な建物の中へ移動するなど、安全の確保に努めるよう、呼びかけている。


北海道 25日は雨、26日は雨から雪へ

寒冷前線の通過後は冬型の気圧配置になる。北海道は、25日は広く雨が降るが、26日は雨から次第に雪にかわる見込みだ。その後、週末にかけて日本海側を中心に雪の日が続く。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング