日中は全国で今季一番、沖縄は記録的な寒さ

tenki.jp / 2013年11月29日 14時50分

29日は真冬並みの寒気の影響で、全国的に寒くなっている。午後2時までの最高気温は、全国のアメダス地点の約4割で今シーズンで一番低くなっている。沖縄は11月としては記録的な寒さで、宮古島は16度9分と、統計開始以来11月としては最も低い。那覇は17度3分と11月としては3番目に低い。(日本気象協会)

29日正午の天気と気温

29日正午の天気と気温


沖縄にも真冬並みの寒気

29日午前9時の石垣島の上空約1500メートルの気温は1.2度と、11月としては1964年の統計開始以来最も低くなった。日本付近は冬型の気圧配置が続き、沖縄地方にも真冬並みの寒気が流れ込んでいる。最高気温は、宮古島で16度9分と11月としては最も低く(統計開始1938年)、那覇は17度3分と11月としては3番目に低い(統計開始1920年)。30日は西から冬型の気圧配置が緩む。沖縄地方は日中は次第に晴れて、昼間の寒さは幾分和らぐ見込みだ。
※沖縄地方はデータのない期間がある(那覇の気温データは1945年2月~1953年8月)


全国的な寒さの底は29日

29日の朝は、全国928地点のアメダスのうち半数以上の地点で最低気温が0度未満の冬日となった。午後2時までの最高気温は、約4割にあたる384地点で今シーズンで一番低くなっている(富士山を除く)。奈良地方気象台では昼過ぎに初雪を観測、1976年以来37年ぶりに早い初雪となった。全国的な寒さの底は29日だが、30日もまだ空気は冷たい。来月1日になると、関東から西では寒さが少し和らぐ見込み。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング