週間予報 ゴールデンウィーク前に大雨の恐れ

tenki.jp / 2019年4月21日 16時13分

メイン画像

24日(水)は、九州から近畿にかけて雨が降り、土砂降りも。25日(木)から26日(金)は、全国的に曇りや雨。風が強めに吹く。ゴールデンウィーク初日の27日(土)は、天気回復。

22日(月)~ 23日(火) 22日は広く晴れ 沖縄はぐずついた天気

画像A

22日(月)は、大陸から東シナ海に前線が延びるでしょう。大陸の高気圧は、日本海まで移動してくる見込みです。沖縄は曇り空でしょう。近畿や東海、北陸、北海道の日本海側では、明け方まで湿った空気の影響で、一時的に雨が降る所がありそうです。日中は、九州から北海道にかけて大体晴れるでしょう。夕方以降、東海や北海道の太平洋側の一部の地域で、にわか雨のありそうです。関東でも、雨がぱらつく所があるかもしれません。

画像B

23日(火)は、東シナ海に延びる前線がやや北上するでしょう。高気圧は日本の東へと移動し、日本付近には次第に南から湿った空気が流れ込みます。沖縄は雲に覆われて、一時的に雨が降りそうです。南風が強まるでしょう。九州から関東は雲が広がり、九州や中国地方では雨が降りだす所がありそうです。東北は、晴天が続く見込みです。北海道は、晴れから曇り空となるでしょう。
22日から23日の最高気温は、平年より高くなる所が多いでしょう。5月下旬から6月上旬並みとなる所もある予想です。

24日(水)~ 25日(木) 広く曇りや雨 大雨や強風に注意

24日(水)は、東シナ海の前線上に低気圧が発生し、九州に近づく見込みです。九州から近畿にかけて、大気の状態が不安定になるでしょう。沖縄は曇りや雨の天気が続きそうです。九州から近畿も雨が降るでしょう。雨脚が急に強まって、大雨となる恐れがあります。東海から北海道も、雨雲がかかる所がありそうです。
低気圧は、25日(木)に日本海を北東へ進み、26日(金)に北日本付近で急に発達する予想です。低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。低気圧の通過後は、上空1500メートル付近で平地で雪の目安となる氷点下6度以下の寒気が、東北北部まで南下する見込みです。25日から26日は、全国的に曇りや雨となるでしょう。26日は、北海道の雨は雪に変わり、強く降ることがありそうです。東北や北陸の山でも雪となるでしょう。広く強風が吹く見込みです。
24日から25日も、最高気温は多くの所で平年より高めでしょう。北海道や北陸では6月中旬並みとなる所がある予想です。朝の冷え込みもなさそうです。ただ、北海道から北陸では、25日は次第にヒンヤリとしてくるでしょう。26日の最高気温は、ほぼ平年並みの所が多く、北海道や東北、北陸から中国地方では平年よりやや低くなる所がある予想です。

ゴールデンウイーク 九州~関東は晴れでスタート

27日(土)は、低気圧は千島列島付近を北東へ進むでしょう。大陸から日本付近に高気圧が移動してくる見込みです。沖縄は雲の隙間から日差しが届くでしょう。九州から関東は青空が広がる見込みです。北陸から北海道の雨や雪も、次第に止むでしょう。
28日(日)は、高気圧は日本の東へと離れ、再び日本付近に南から湿った空気が流れ込みやすくなります。全国的に天気は下り坂へ向かうでしょう。
最高気温は、27日は北海道から北陸は平年よりやや低く、4月上旬並みとなる所もある予想です。関東から九州は、ほぼ平年並みとなる見込みです。新緑の季節らしく、過ごしやすい陽気となりそうです。沖縄は平年並みの予想です。汗ばむ陽気でしょう。28日は全国的に、ほぼ平年並みの予想です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング