11日にかけて 荒れた天気は東や北へ

tenki.jp / 2013年12月9日 14時51分

今週の前半は、全国的に荒れた天気で、荒れる範囲が西から東、北へとシフトするでしょう。お住まいの地域がいつ荒れるのか、チェックして下さい。

9日13時30分現在の雨雲の様子を見ると、沖縄や九州に広がっています。
沖縄県の波照間は、朝、1時間に41.0ミリの激しい雨が降り、12月1位の値を更新しました。
九州でも、久しぶりに雨の降っている所があり、長崎では9日ぶりに1ミリ以上の雨を観測しました。
この雨を降らせている低気圧ですが、10日以降は、発達しながら東へ進む予想です。

12月10日9時 予想天気図

12月10日9時 予想天気図


10日から11日 荒天の範囲が東や北へ

このため、10日から11日にかけては、荒れた天気の範囲が東日本や北日本に移るでしょう。
10日の予報がこちら。


あなたの地域は いつ荒れる?

地域ごとに、いつ荒れるのか、詳しく見ていくと…
<沖縄から東海>
10日の朝までは、雨の所があるでしょう。
場所によっては、カミナリが鳴ったり、激しく降りそうです。
沖縄や九州など太平洋側は、朝から晴れる所もあり、
日中は次第に広く日差しが降り注ぎますが、北風の強い状態が続きそうです。
日本海側は、夕方まで所々に雨雲やカミナリ雲のがかかり、こちらも風が強いままでしょう。
<関東>
10日に日付が替わると広い範囲で雨が降りだし、昼頃まで雨や雷雨となるでしょう。
午前中は南よりの風が吹き荒れ、沿岸部では傘がさしにくいほどの風が吹きそうです。
雨が止んでくる午後は、北よりの風が強まり、冷たい空気に入れ替わるでしょう。
<北陸>
10日は、一日を通して雨が降り、局地的にカミナリを伴って激しく降るでしょう。
こちらも初め南よりの風が非常に強く吹く所があり、午後は北風が強まりそうです。
<東北>
太平洋側は、10日の昼頃まで雨や雷雨でしょう。
日本海側は、断続的に雨が降り、午後は立っていられないほどの風が吹きそうです。
そして、荒れた天気は、11日には北海道へシフトします。

12月11日9時 予想天気図

12月11日9時 予想天気図

11日には、オホーツク海で低気圧が発達する予想です。
低気圧の「低」の字の周りで、等圧線が幾重にも円を描いているのが、発達する証拠。
この近くは、風が強く、荒れた天気となるのです。
<北海道>
10日の日中から11日にかけて、非常に強い風が吹くでしょう。
天気は、断続的に雨や雪が降りますが、
風が強まる10日の午前中は南風で気温が高いので、
湿った雪が降りそうです。
電線への着雪などにも、注意が必要です。

この荒れた天気の後、週末にかけては、冬将軍が日本付近に長居する予想です。
今週は、荒れた天気への注意や、本格的な冬への備えが必要です。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング