大荒れの天気に

tenki.jp / 2013年12月10日 23時0分

北海道では、急速に発達する低気圧の影響で、11日の昼過ぎにかけて大荒れの天気となる見込みです。東北地方も11日の明け方にかけては、西よりの風が非常に強く吹くでしょう。暴風や高波に警戒して下さい。


低気圧が急速に発達

低気圧が北海道付近と本州の東海上にあって、それぞれ北東へ進んでいます。
低気圧は急速に発達しながら11日の朝にはオホーツク海で一つにまとまる見込みです。
10日22時頃の風の様子ですが、東北北部や北海道の日本海側を中心に強い風が吹いています。
このあと、東北地方は明け方まで、北海道は昼過ぎまで非常に強い風が吹く見込みです。

11日にかけて予想される最大風速、最大瞬間風速と波の予想。
北海道
オホーツク海側と太平洋側東部
最大風速(最大瞬間風速)
海上28メートル(40メートル)
陸上18メートル(30メートル)
日本海側と太平洋側西部
最大風速(最大瞬間風速)
海上25メートル(35メートル)
陸上23メートル(35メートル)
波の予想
オホーツク海側と太平洋側東部 7メートル
日本海側と太平洋側西部     6メートル

東北地方
日本海側
最大風速(最大瞬間風速)
海上25メートル(35メートル)
陸上20メートル(35メートル)
太平洋側
最大風速(最大瞬間風速)
海上23メートル(35メートル)
陸上20メートル(35メートル)
波の予想
日本海側 8メートル
太平洋側 5メートル
海岸には高波が打ち寄せるため、暴風や高波に警戒して下さい
また、北陸地方では風のピークは過ぎましたが、しばらくは波の高い状態が続きます。海上や海岸付近では高波にご注意下さい。

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング