関東週間 梅雨らしい空が続く

tenki.jp / 2019年6月20日 7時19分

メイン画像

向こう一週間は、南に離れていた梅雨前線が関東のすぐ南に停滞するため雲が広がりやすく、さしあたり週末にかけて雨が降りやすいでしょう。

関東 あすは北部中心に雨や雷雨

あす21日(金曜)も、南からの湿った空気の影響で雲の多い天気が続くでしょう。晴れ間の出る所もありますが、昼頃からは大気の状態が不安定になる見込みです。きょう20日(木曜)は南部でも可能性がありますが、あすは北部を中心に急な雨や雷雨が発生するようになりそうです。最低気温は、けさと同じくらいの所が多く、平年よりやや高い所が多いでしょう。最高気温は、平年より高めで、広い範囲で25度以上の夏日になる見込みです。内陸部では30度以上の真夏日になる所もありそうです。湿気の多い状態が続きますから食品管理にご注意下さい。また、熱中症の危険度も上昇しますから水分補給などを心がけましょう。

夏至の太陽は雲の上

これまで沖縄付近に停滞することが多かった梅雨前線が、この週末は関東の南まで北上してくると予想されます。そのまま来週にかけて関東の南に停滞しやすくなるため、これまでのような梅雨の中休みは現れにくくなるでしょう。来週にかけて曇りや雨の日が多くなりそうです。最低気温は、平年並みか低い日があり、朝方はひんやりとすることがありそうです。最高気温は、22日(土曜)と23日(日曜)は平年より少し低くなりそうですが来週は高い日が多いでしょう。気温が上がる日は、熱中症にもご注意下さい。
あさっては夏至(げし)、一年で最も昼が長い日を迎えますが、夏至の太陽は雲の上で、日の長さは実感できそうにありません。
曇りや雨の日が多くなりますが、紫外線は雲を通り抜けてきます。快晴の日に比べると、薄曇りの日はおよそ80~90%、曇りの日はおよそ60%、雨の日でもおよそ30%が地上に届きます。うっかり日焼けにご注意下さい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング