28日 気温上昇 天気の急変に注意

tenki.jp / 2019年6月28日 6時54分

メイン画像

台風3号は、きょう28日昼前にかけて東日本の太平洋沿岸を東進。台風周辺の熱帯の空気で、気温がグンと上昇。熱中症対策を。また、大気の状態が不安定となるため、天気の急な変化に注意。

きょうの天気 急な強い雨や落雷に注意

台風3号は、きょう28日昼前にかけて東日本の太平洋沿岸を東よりに進む見込みです。その後は、日本の東へ進み、温帯低気圧に変わるでしょう。一方、梅雨前線は北陸から東北付近に停滞する見込みです。
【各地の天気(西から)】
沖縄は湿った空気の影響で、昼過ぎまで雨や雷雨でしょう。九州は断続的に雨で、雷を伴って激しい雨の降るおそれがあります。バケツをひっくり返したような雨が降ることもありますので、ご注意ください。中国、四国から関東甲信は、天気はいったん回復するものの、午後は大気の状態が不安定です。局地的に雨や雷雨となりますので、お出かけの際は雨具をお持ちください。梅雨前線に近い北陸や東北南部では、雨が降ったりやんだりするでしょう。雷が鳴ったり、激しい雨の降ることがありそうです。先日の地震やこれまでの雨で、地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害や河川の増水などに警戒が必要です。東北北部や北海道は、雲が多めながらも、日差しが届くでしょう。

きょうの最高気温 気温アップ 蒸し暑さが続く

きょう28日(金)は、台風が持ち込んだ熱帯の空気で、気温がグンと上がるでしょう。九州から関東甲信は、最高気温が30度前後まで上がる所が多いでしょう。内陸部では、最高気温が30度以上の真夏日となる所がありそうです。湿度がかなり高く、ムシムシとするでしょう。室内でもこまめな水分補給を心がけ、熱中症に十分ご注意ください。北陸や東北南部も蒸し暑さが続き、25度以上の夏日の所が多いでしょう。一方、北海道はきのう27日(木)より低く、太平洋側を中心に4月から5月並みとなりそうです。体調の管理にご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング