東京都心 7月前半に真夏日なし 33年ぶり

tenki.jp / 2019年7月15日 15時39分

メイン画像

きょう15日(海の日)も、東京都心は暑さなし。午後3時までの最高気温は25度0分。7月前半に、1日も30度以上の日がないのは珍しく、1986年(昭和61年)以来、33年ぶりのことです。

日差しほぼなし 気温あまり上がらず

海の日のきょうも、東京都心はスッキリしない天気。北東からの涼しい空気が流れ込み、気温はあまり上がりませんでした。午後3時までの最高気温は25度0分。この時期としては低く、6月上旬並みでした。
例年、この時期は30度くらいまで上がる日が多いですが、今年は気温の低い状態が続いています。
7月1日から、きょう15日まで、最高気温30度以上の「真夏日」は1日もありませんでした。
7月の前半に真夏日がない、というのは珍しいことで、戦後の統計をさかのぼっても数えるほどしかありません。
直近では、1986年(昭和61年)と、33年も前のこと。なお、この年の7月も曇りや雨の日が多く、日差しの少ない状態が続いていました。

この先は次第に気温が上昇

涼しい空気を送り込んでいるのは、北海道付近にあるオホーツク海高気圧。この勢力が弱まってくるうえに、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧の力が少し強まるため、南からの暖かく湿った空気が流れ込みやすくなります。
東京都心をはじめ、関東地方では、まだしばらく梅雨空が続きますが、気温の傾向は変わってきて日に日に蒸し暑くなりそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング