台風5号北上 沖縄は次第に大シケ 大雨も

tenki.jp / 2019年7月16日 17時28分

メイン画像

16日午後3時にフィリピンの東で発生した台風5号は、今後、進路を北よりに。18日頃から沖縄で大シケや大雨の恐れ。梅雨前線も次第に北上し、広く雨に。

沖縄 次第に波が高まる 18日頃から大シケ 大雨の恐れも

きょう16日午後3時、フィリピンの東で台風5号が発生し、西へ進んでいます。今後、進路を北よりに変え、18日には沖縄の西(先島諸島付近)へ進む見込みです。
沖縄では、あす17日以降は波が高まってきて、シケる見込みです。さらに18日から19日頃にかけては、石垣島など先島諸島では大シケとなり、台風の進路次第では台風本体の発達した雨雲がかかりそうです。また、本島地方も大シケとなる見込みで、台風周辺の暖かく湿った空気の影響で大雨となる恐れがあります。

梅雨前線も北上 19日頃 全国で雨 西ほど雨脚強まる

台風の北上に伴い、梅雨前線も次第に北上する見込みです。19日から20日にかけて、ほぼ全国で雨が降るでしょう。
南にある、太平洋高気圧の周辺から続々と湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になりそうです。西日本を中心に雨脚の強まる所もあるでしょう。激しい雨で道路が冠水するなど、交通に影響が出ることも考えられます。各地の雨の量や、雨の強まるタイミングなどの詳細については、最新の情報をご確認ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング