猛烈な暑さ長期戦 連日「今年一番の暑さ」更新か

tenki.jp / 2019年7月29日 16時30分

メイン画像

今週は北から南まで、うだるような暑さが長く続きます。連日のように今年一番の暑さを更新しそう。夜も寝苦しく、体にこたえます。

全国どこへ行っても暑い

きょう29日(月)は全国的に朝から気温が高く、日中は強い日差しで気温がグングン上昇しました。最高気温はあちらこちらで今年一番高くなり、大阪市や名古屋市などでは今年初めて35度以上の猛暑日に。西や東だけでなく、北の地方でも暑くなったのがポイントで、きょう午後4時までの全国の最高気温トップは岩手県釜石市で37度0分でした。きょう、ようやく梅雨明けした関東甲信も強い日差しが照りつけ、埼玉県鳩山町では36度5分、熊谷市では36度2分まで上がりました。

今夜も全国高温 寝苦しい

画像B

今夜からあす30日(火)の朝にかけても気温はあまり下がりません。朝の最低気温は、沖縄と九州から東海は26度から27度くらいと広い範囲で熱帯夜が続くでしょう。関東や北陸、東北でも25度前後と、熱帯夜になる所がありそうです。寝不足の日は熱中症のリスクが高くなります。少しでも快適に眠れるよう、夜間も冷房をつけたり、除湿したりと室内の温度や湿度を調節しましょう。また、睡眠中はたくさん汗をかきますので、寝る前と起きた時に、水分を摂るとよさそうです。

朝から汗だく 猛暑日地点はさらに増加か

画像C

あすも日差しとともに早いペースで気温が上がります。朝の通勤時にはすでに30度を超えるような所もあって、湿度も高いため、少し歩くだけでも汗が噴き出してきそうです。通勤の際はできるだけ日陰を歩き、日傘を活用するとよいでしょう。汗ふきタオルや着替えをお持ちになるのもよさそうです。最高気温は、沖縄と九州から東北で34度前後、北海道でも33度以上の所があるでしょう。30度以上の時間帯が朝から夜まで長く続きますので、体調が優れない時は無理をせず、涼しい場所で休むようにしてください。

まだまだ続く暑さ 夏バテ要注意

この暑さ、長期戦です。高気圧の勢力はしばらく衰えず、少なくとも来週中ごろにかけて北から南まで、うだるような暑さが続きます。夜も気温が下がらず、寝苦しさも続くでしょう。連日のように、あちらこちらで今年一番の暑さを更新しそうです。猛暑日地点は日に日に増えて、特に8月2日(金)から3日(土)にかけては九州から東海を中心に猛烈な暑さとなる所が多いでしょう。気温の高い状態が一日中、そして長い期間続くことで、体にかなりこたえそうです。暑いと食欲も落ちやすくなりますが、夏バテや熱中症を防ぐためにも、できる限り栄養を摂るようにしましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング