台風17号 あす九州に接近へ 広く暴風に厳重警戒を

tenki.jp / 2019年9月21日 18時58分

メイン画像

台風17号は22日(日)、九州に接近する見込み。沖縄、九州から近畿では、非常に強い風が吹き、外出が危険な場合も。

台風17号 22日(日)夕方~夜遅く 九州に接近の恐れ

画像A

大型で強い台風17号は、風速25メートル以上の暴風域を伴っています。今後、東シナ海を北上し、次第に向きを北東へ変えるでしょう。22日(日)夕方から夜遅くにかけて、九州に最も接近する見込みです。
台風17号で特に注意が必要なのは、風です。台風が近づく所だけでなく、広い範囲で被害が発生する恐れがあります。
沖縄は強風が続き、九州から近畿も風が強まるでしょう。
22日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州北部地方は45メートルと外出が危険なくらいの風です。屋根など屋外の点検は絶対にしないで下さい。沖縄地方、九州南部、四国地方は35メートル、近畿は30メートルと、何かにつかまっていないと立っていられないほどの風です。

九州と四国の太平洋側 特に発達した雨雲がかかる

画像B

台風周辺の暖かく湿った空気の影響で、九州の南東斜面、東シナ海から南西諸島には発達した雨雲がみられます。22日にかけて、長崎県の壱岐・対馬、五島や大分県の南部、宮崎県では、多い所で1時間に70ミリの非常に激しい雨が降るでしょう。四国の太平洋側でも昼過ぎから多い所で1時間に70ミリの雨が降る見込みです。河川が一気に増水したり、側溝があふれたりする恐れがあります。
22日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、九州南部400ミリ、九州北部地方300ミリ、四国地方250ミリ、沖縄地方、奄美地方、近畿地方150ミリ、中国地方120ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング