週間 台風20号・21号と秋雨前線の動向に注意

tenki.jp / 2019年10月20日 13時59分

メイン画像

強い台風20号は21日(月)には沖縄に接近する恐れ。22日(火)は本州の南岸で秋雨前線の活動が活発に。台風21号は非常に強い勢力まで発達し、24日(木)頃に小笠原近海を通る見込み。

強い台風20号 21日(月)にかけて沖縄へ

画像A

強い台風20号は、風速25メートル以上の暴風域を伴って、21日(月)にかけて沖縄に接近する見込みです。沖縄では北風が強まっています。風はさらに強まり、21日には瞬間的に沖縄本島地方と大東島地方30メートル、先島諸島25メートルと、風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出る程の風が吹くでしょう。21日にかけて、台風周辺または本体の雨雲がかかり、沖縄本島地方では多い所で1時間に40ミリ、大東島地方で1時間に30ミリの激しい雨が降る見込みです。台風の進路等によっては沖縄本島地方と大東島地方では、21日にかけて暴風となる恐れがあります。また、沖縄本島地方では警報級の大雨になる恐れがあります。今後、最新の台風情報をご確認下さい。

22日(火) 秋雨前線の活動が活発に 東海や関東で大雨の恐れ

画像B

台風20号は、沖縄付近を過ぎる頃は勢力を弱め、低気圧に変わる見込みです。台風から変わる低気圧は本州の南に進むでしょう。22日(火)は、本州の南岸に延びる前線に向かって、台風が持ち込む非常に暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。このため、前線の活動が活発になり、前線がかかる東海や関東を中心に発達した雨雲がかかるでしょう。雨は、ほぼ丸一日降るため、雨量が多くなり、大雨になる恐れがあります。
23日(水)以降も、本州付近は湿った空気の影響を受ける見込みです。九州から北海道は、雲が広がる日が多いでしょう。24日(木)から25日(金)頃は、上空の気圧の谷の通過で、本州を中心に雨雲がかかる可能性があります。

台風21号発達へ 24日(木)頃は小笠原諸島で大荒れの恐れ

画像C

トラック諸島近海にある台風21号は、西よりに進んでいます。海面水温27度以上の所を通り、21日(月)にはマリアナ諸島付近で、強い勢力になる見込みです。23日(水)には非常に強い勢力になり、北よりに進むでしょう。24日(木)頃に小笠原近海を進み、小笠原諸島では大荒れや大しけ、大雨の恐れがあります。台風21号は、その後も勢力はあまり衰えずに、北上する見込みです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング