近畿や北陸に活発な雷雲 落雷や「ひょう」に注意

tenki.jp / 2019年11月11日 11時8分

メイン画像

きょう11日、活発な雷雲が近畿や北陸周辺にあり、雨脚が強まっています。SNSには「ひょう」や「あられ」が降ってきたという報告が複数。この雷雲は東へ進んでいます。

ザーザー降りの所も

画像A

きょう11日は、低気圧が日本海西部を東へ進んでおり、寒冷前線が西日本を通過中です。大気の状態が非常に不安定になっており、九州から東海、北陸の所々で雨が降っています。近畿や北陸付近には活発な雷雲がかかり、局地的に雨脚が強まっています。和歌山県新宮市では1時間に15.5ミリのザーザー降りの雨を観測しました。SNSには、兵庫県や大阪府で「ひょう」や「あられ」が降ってきた、という情報が複数寄せられてます。

いったん雨がやんだ所も急な雨や落雷注意

画像B

低気圧や寒冷前線の東進に伴って、この雷雲も東へ移動しています。四国は昼過ぎにかけて、中国地方は夕方にかけて、近畿から関東甲信、東北は夜にかけて大気の不安定な状態が続きます。いったん雨がやんだ所も、急な強い雨や落雷、突風、ひょうに注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング