関東は今夜遅くから明日の朝は雪 平野部で積雪の所も

tenki.jp / 2014年1月18日 13時50分

関東は今夜遅くから明日の朝にかけて、広く雪が降る見込みです。降る時間は短く、量も多くないため、大雪になることはないでしょう。ただ、気温の低い時間帯の降水となるため、降れば平野部でも雨ではなく雪の可能性が高く、明日の朝にかけてうっすらと積もる所があるでしょう。路面の凍結にも注意が必要です。

今夜遅くから関東は所々で雪に 雪マークのない所も雪が舞う可能性

今夜遅くから関東は所々で雪に 雪マークのない所も雪が舞う可能性


平野部でうっすらと雪の積もる所も

今夜遅くから明日の朝にかけて、関東を気圧の谷が通過します。気圧の谷は上空に強い寒気を伴っているため、関東は都心を含めた広い範囲で一時的に雪が降るでしょう。雪の降る時間は、今夜遅く(日付が替わる少し前くらい)から、明日の明け方にかけての所がほとんど。ただ、朝まで雪の残る所がありそうです。
雪の降る時間は短く、量も多くはないため、大雪にはならない見込みです。気温の低い時間帯に降るため、平野部でも道路や植え込みがうっすらと白くなる可能性があります。

明日朝の予想最低気温 関東北部は氷点下、南部も冷え込みが強まる

明日朝の予想最低気温 関東北部は氷点下、南部も冷え込みが強まる


明日の朝、受験生は時間に余裕を持って試験会場へ

雪がうっすらとでも積もれば、受験生が試験会場へ向かう足に影響のでる心配があります。雪が積もらなくても、朝の冷え込みで、ぬれた路面が凍結する所があるでしょう。歩道橋を含めた橋の上や横断歩道の白線の上、タイル敷きの歩道は要注意。日曜日の朝は平日より通行する人や車が少ないため、路面凍結の影響が長引く可能性もあります。受験生のみなさんは、底の平らな歩きやすい靴で、足元に注意して、早め早めの行動を心がけた方が良さそうです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング