九州 週間 天気が周期変化 気温差が大きい

tenki.jp / 2020年3月2日 16時14分

メイン画像

この先、九州は天気が短い周期で変わり、気温の差が大きくなります。4日(水)の雨の後は冬型の気圧配置となり、寒気が流れ込んでくるため、一時的に寒の戻りとなりそうです。

この先 短い周期で天気が変わる

画像A

この先、高気圧や低気圧が交互に日本付近を通過します。九州は晴れたり、雨が降ったりを短い周期で繰り返す春の天気変化となりそうです。
あす3日(火)は気圧の谷が近づくため、九州は次第に雲が広がります。4日(水)は低気圧や前線の影響で午前中を中心に一時雨が降るでしょう。その後は天気が回復し、6日(金)にかけて晴れますが、週末は次の低気圧や前線の影響で再び曇りや雨となる見込みです。来週9日(月)は各地で晴れるでしょう。

寒暖差に注意

向こう1週間は気温の変化が大きく、今週中ごろは寒の戻りとなります。
あす3日(火)の最高気温は15度前後ですが、4日(水)の雨の後、冬型の気圧配置となり、気温が下がります。5日(木)は最高気温が11度前後にとどまり、日差しが出ても北風が冷たく感じられるでしょう。6日(金)の朝は冷え込みが強まり、内陸部を中心に広い範囲で遅霜の降りる恐れがあります。農作物の管理や体調の管理に十分注意して下さい。
週末以降は一転して暖かい空気が流れ込むため、特に8日(日)から来週9日(月)は最高気温が20度を超える所があり、春本番の暖かさになるでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング