北海道 今後1か月とサクラ開花予想

tenki.jp / 2020年3月5日 16時40分

メイン画像

今日5日、札幌管区気象台から北海道の1か月予報が発表されました。向こう1か月は全道的に気温は引き続き平年より高く、かなり高くなる期間もあるでしょう。天気は周期的に変わりますが、平年と同様に晴れる日が多くなる、とのことです。
また、日本気象協会は今日桜の開花予想を発表しました。北海道の開花は平年よりかなり早くなりそうです。

1週目 低気圧や寒気の影響を受けやすい

低気圧の影響を受けやすく、曇りの日が多いでしょう。来週の中頃は雨や雪の降る日がありそうです。全道的に気温は高く、特に週明けからはかなり高く、札幌や函館など、道央や道南では最高気温が10度前後に達する日があるでしょう。雨や高温による、急激な雪解けに注意が必要となる日がありそうです。

2週目以降 周期的な天気変化

高気圧や低気圧が交互に通過するでしょう。日本海側は天気は周期的に変わります。太平洋側やオホーツク海側も天気は周期的に変わり、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。北海道は暖かい空気に覆われやすい状態が続くため、気温は各地とも平年より高いでしょう。

桜前線 北海道への上陸予想は4月21日

画像C

本日5日、日本気象協会が第3回目の「桜の開花予想」を発表しました。今年は3月以降も気温が平年より高く経過し、花芽の生長が促されると予想されます。
このため今年の桜の開花は平年より早く、青森市で4月14日に開花したあと、一週間かけて津軽海峡を渡り、4月21日に松前で開花し北海道への上陸となりそうです。その後、函館で4月22日、札幌では4月26日など平年より1週間ほど早く開花し、道央や道南では大型連休中に満開の桜が楽しめそうです。道北や道東でも5月上旬から中旬には、平年より4日前後早く開花するでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング