3月の満月「ワームムーン」 見られる所は?

tenki.jp / 2020年3月9日 15時58分

メイン画像

明日(10日)の未明は満月です。3月の満月は「ワームムーン」などとも呼ばれます。気になる天気をまとめました。

ワームムーン

画像A

明日(10日)の未明は満月です。今夜はほぼ真ん丸の月を見上げてみてはいかがでしょうか。
そんな満月には英語圏で様々な呼び名があります。上の表のように2月はスノームーン、4月はピンクムーンなどと月ごとに呼び方が変わり、3月はワームムーン(芋虫月)と呼ばれます。このような呼び名を思い出しながら満月を眺めてみるのも楽しいですね。
なお、今年、見た目の大きさが最大となる満月は4月8日(ピンクムーン)、最小の満月は10月31日(ハンターズムーン)です。

各地の天気

画像B

今夜(9日)から明日(10日)の未明にかけて、沖縄や九州、中国、四国では雨が降り、観察にはあいにくの天気です。近畿も雲に覆われるでしょう。東海や北陸は雲の切れ間があり、見られるチャンスがあります。関東や東北、北海道の太平洋側は雲が広がりやすいでしょう。東北や北海道の日本海側は晴れて、満月を見られる所が多くなりそうです。夜はまだ冷えますので、暖かくして、夜空を見上げてみて下さい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング