関東 あすサクラ咲く? 土曜日以降は冬物の出番も

tenki.jp / 2020年3月12日 16時26分

メイン画像

関東地方は、あす13日(金)もぽかぽか陽気でしょう。きょう12日に発表された日本気象協会の桜開花予想では、東京はあす13日の開花を見込んでいます。暖かさが一転して14日(土)は冷たい雨。来週の初めにかけて冷たい空気が流れ込むため、冬物のセーターやコートが活躍しそうです。

冷たい雨と冷たい風

画像A

寒さ原因は「雨」と「寒気」と「風」です。
左の図は14日(土)午前9時の予想天気図です。前線を伴った低気圧が本州の南を東へ進むでしょう。関東の天気は冷たい雨が降ったりやんだりで、北部の山沿いでは雪が降る所もありそうです。最高気温は10度前後で、マフラーや手袋が必要なくらいの寒さが予想されます。ただ、低気圧が通過する場所が南北に少しずれるだけで、気温や雨の降り方が変わってきます。最新の予報を確認して下さい。
右の図は15日(日)午前9時の予想天気図です。雨を降らせる低気圧や前線が東海上へ離れ、日本付近は冬型の気圧配置に変わるでしょう。上空には寒気が流れ込むため、日差しがあっても気温の上がり方は鈍くなりそうです。冷たい風も強まるため、体感温度はさらに下がるでしょう。寒さ対策と花粉対策が欠かせません。

来週は日ごとに暖かく

来週のはじめも寒気の影響を受けそうです。最高気温は、火曜日までは平年より低いでしょう。真冬のような寒さではありませんが、昼間もヒンヤリします。水曜日になると暖かい空気が流れ込み、来週末にかけて春物のコートで過ごせるような日もあるでしょう。
この時期は、まだ朝晩は冷えます。着るものに迷った時は、出かける時に寒くない服装、脱ぎ着のしやすい重ね着などが良いでしょう。服装でうまく調節して、体調を崩さないようにして下さい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング