16日 強い寒気 落雷や突風、ひょうに注意

tenki.jp / 2020年3月16日 7時15分

メイン画像

きょう(16日)は上空に強い寒気が流れこむため、大気の状態が非常に不安定です。九州から東北では、晴れていても急に雨が降るなど、変わりやすい天気になりそうです。山陰や近畿北部では山沿いを中心に大雪になっている所もあります。

夕方にかけて 天気の急変の注意

画像A

きょう(16日)は西日本から東北付近の上空5500m付近には平年よりも15度ほど低い、氷点下33度から氷点下36度の寒気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定です。地上と上空との気温差が大きくなり、雨雲や雪雲が発達しやすい状況が、きょうの夕方にかけて続きそうです。落雷や竜巻などの激しい突風、また雹(ひょう)の降るおそれもありますので、空模様の変化には注意が必要です。
九州は朝まで、中国・四国から関東は昼頃にかけて、局地的に雨や雷雨となりそうです。山陰や近畿北部は大雪になっている所があり、鳥取県の大山では午前7時現在、28センチの積雪となっています。大雪による交通機関へのへ影響や樹木への着雪、雪崩などに注意して下さい。東海や関東甲信の山も雪の降る所があるでしょう。
北陸は夕方まで雪や雨が降り、局地的に雷を伴って降り方が強まりそうです。東北は日本海側を中心に雪が降り、ふぶく所もあるでしょう。
北海道は晴れ間もありますが、夕方にかけて所々で雪が降りそうです。

北風強まる 体感温度下がる

画像B

最高気温は平年並みか低い予想です。
沖縄は晴れますが、気温の上がり方は鈍いでしょう。
九州から東海はきのうと同じくらいですが、北よりの風が強まり、気温よりも寒く感じられそうです。
関東は平年並みで、13度前後の所が多いでしょう。ただ、夕方以降はグッと冷えそうです。
北陸は朝からあまり気温が上がりません。きのうより5度ほど低い所もあり寒いでしょう。
東北と北海道はきのうと同じくらいで、東北は10度に届く所もありそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング