南と北で気温上昇

tenki.jp / 2014年2月23日 22時40分

24日はまだ本調子ではない

24日は、南と北で日中は気温が上がるでしょう。23日に1週間ぶりに真冬日から解放された札幌は4度の予想です。(23日より3度高い)釧路も4日ぶりに真冬日から解放されそうです。一方、福岡は15度、鹿児島は17度で、23日と同じくらいまで上がるでしょう。15度以上は数字を見ても暖かく感じられますよね。何れの地点も3月中旬並みとなりそうです。一方、24日も寒いのは関東甲信です。いま頃の時期なら、関東は最高気温が二桁にのぼっていなければならないのですが、東京を含めて各地で10度に届かず・・・の予想です。

24日の予想気温(最低・最高)

24日の予想気温(最低・最高)

今の時点では、27日頃をピークにして、25日頃から全国的に気温が急上昇する見通しになっています。なかなかとけてくれない関東甲信の雪が、これを機に一気に進みそうです。ただ、安心はできません。なだれや屋根から落ちる雪に、これまで以上に十分な注意が必要になってくるからです。また、とけた雪が一気に川などに流れ込んで増水することや、水分が地中にしみこんで地盤が緩み、土砂崩れなどが起こる可能性もゼロではありません。

24日の予想最高気温(いつ頃)

24日の予想最高気温(いつ頃)


高気圧に覆われるように見えますが・・・

掲げている天気図は、24日午前9時の予想天気図です。移動性の高気圧が日本付近を緩やかに覆いますが、等圧線(気圧の等しい線)がでこぼこしていますよね。高気圧の中心に向かって等圧線がくぼんでいる所(周辺)では、雲が発生しやすくなります。つまり、全国的に”すっきりと晴れる”までは行かないでしょう。

24日午前9時の予想天気図

24日午前9時の予想天気図

実際に、関東や北陸、東北は晴れ間のある所も雲が出やすいでしょう。茨城県や千葉県、神奈川県は朝から雲に覆われ、弱い雨や雪の降る所があるでしょう。東京都でも夜は多摩地方の山沿いで雪の降る所がありそうです。また、新潟県や秋田県でも雪の降る所があるでしょう。すっきりと晴れるのは、東海、近畿から九州と沖縄、そして北海道となりそうです。

24日の天気

24日の天気

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング